慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KAKEN_23611038seika  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KAKEN_23611038seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :166.5 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 311

Total downloads since Dec 11, 2014 : 311
 
Release Date
 
Title
Title 社会システムと技術システムとの統合設計へのシステムデザイン方法論の適用研究  
Kana シャカイ システム ト ギジュツ システム トノ トウゴウ セッケイ エノ システム デザイン ホウホウロン ノ テキヨウ ケンキュウ  
Romanization Shakai shisutemu to gijutsu shisutemu tono togo sekkei eno shisutemu dezain hohoron no tekiyo kenkyu  
Other Title
Title Study on applying system design methodology to integrated design of social system and technical system  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 白坂, 成功  
Kana シラサカ, セイコウ  
Romanization Shirasaka, Seiko  
Affiliation 慶應義塾大学・大学院システムデザイン・マネジメント研究科・准教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link 科研費研究者番号 : 00588741

Name 神武, 直彦  
Kana コウタケ, ナオヒコ  
Romanization Kotake, Naohiko  
Affiliation 慶應義塾大学・大学院システムデザイン・マネジメント研究科・准教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 20549836

Name 保井, 俊之  
Kana ヤスイ, トシユキ  
Romanization Yasui, Toshiyuki  
Affiliation 慶應義塾大学・大学院システムデザイン・マネジメント研究科・特任教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 50567758
Edition
 
Place
 
Publisher
Name  
Kana  
Romanization  
Date
Issued (from:yyyy) 2014  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 科学研究費補助金研究成果報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2013  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
世の中に存在する多くの問題が、技術あるいは社会科学など、個別の学術分野だけでは解決ができない。本研究では、システムズエンジニアリングとデザイン思考とを統合した学問分野横断的なシステムデザイン方法論の基本的な体系を構築した。この方法論は、対象を俯瞰的かつ系統的にみるシステムズエンジニアリングと、対象を人間中心でみるデザイン思考とを組み合わせたものとなっており、より幅広い対象に有効であるようにするために、1つの決まったプロセスを決めるのではなく、対象に応じて自由にプロセスをデザインできるとした。また、この方法論を実社会の問題に適用してみることで、その有効性の検証をおこなった。
Many existing issues cannot be solved by one discipline like engineering or social science. In this research we developed basics of interdisciplinary system design methodology to integrate systems engineering and design thinking. This methodology is developed by combining systems engineering, which is systemic and systematic approach, and design thinking, which is human centered approach. This methodology does not provide specific process but support for users to be able to design processes in accordance with its application object in order to make this methodology more applicable to broader objects. And we applied this methodology to real world issues and validate it.
 
Table of contents

 
Keyword
システムデザイン  

システム工学  

デザイン思考  

人間中心設計  

イノベーション  

コンセプト工学  

デザイン方法論  

ソシオテクニカルシステム  
NDC
 
Note
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23611038
研究分野 : 時限
科研費の分科・細目 : デザイン学
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Dec 11, 2014 11:32:22  
Creation date
Dec 11, 2014 11:32:22  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Grants-in-Aid for Scientific Research / Fiscal year 2013 / Japan Society for the Promotion of Science
 
Related to