慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23510283seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23510283seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :667.3 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 3426

Total downloads since Dec 11, 2014 : 3426
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 小胞体ストレスセンサータンパク質の時空間的イメージングによるストレス応答の解析  
カナ ショウホウタイ ストレス センサー タンパクシツ ノ ジクウカンテキ イメージング ニ ヨル ストレス オウトウ ノ カイセキ  
ローマ字 Shohotai sutoresu sensa tanpakushitsu no jikukanteki imejingu ni yoru sutoresu oto no kaiseki  
別タイトル
名前 Imaging the activation behavior of ER stress sensors  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田代, 悦  
カナ タシロ, エツ  
ローマ字 Tashiro, Etsu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00365446

名前 井本, 正哉  
カナ イモト, マサヤ  
ローマ字 Imoto, Masaya  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60213253
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
作用点の異なる様々な小分子化合物によるUPR関連遺伝子群の発現パターンを比較解析した結果、ストレスセンサーの活性とUPR関連遺伝子の発現が化合物の作用点の違いによって少なくとも3パターン存在することが示唆された。
また、小胞体ストレスセンサーの一つとして知られるIRE1αの活性化をイメージングするために、IRE1αの活性化に必要十分なステップである二量体化を、分断された蛍光蛋白質の再構成によりタンパク質間相互作用を検出する手法Bimolecular Fluorescence Complementation (BiFC)法を用いて検出する系を構築した。
In this study, we compared the expression patterns of nine UPR target genes induced by seven UPR-inducing compounds with different modes of action. As a result, it was suggested that the existence of at least three types of ER stress sensors' activation profiles and UPR target gene expression profiles, which depend on the mode of actions of the compounds.
Moreover, we developed a new detection system for the activation of IRE1a by evaluating dimerization of it by bimolecular fluorescent complementation (BiFC) assay. By detecting the fluorescence derived from the reconstituted cerulean, this assay system enabled us to distinguish the activation behaviors of IRE1a as to ER stress-inducing compounds.
 
目次

 
キーワード
小胞体ストレス  

イメージング  

センサータンパク質  

UPR  

比較解析  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23510283
研究分野 : 複合新領域
科研費の分科・細目 : 生物分子科学・ケミカルバイオロジー
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:54  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (712) 1st
2位 出生率及び教育投... (456)
3位 新自由主義に抗す... (417)
4位 『うつほ物語』俊... (358)
5位 731部隊と細菌戦 ... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2451) 1st
2位 家族主義と個人主... (1800)
3位 731部隊と細菌戦 ... (726)
4位 新参ファンと古参... (440)
5位 日本における美容... (330)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース