慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_22681029seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_22681029seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :673.3 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1113

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1113
 
タイトル
タイトル マルチオミクス解析によるクマムシの乾燥耐性・極限環境耐性分子機構の解明  
カナ マルチ オミクス カイセキ ニ ヨル クマムシ ノ カンソウ タイセイ・キョクゲン カンキョウ タイセイ ブンシ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Maruchi omikusu kaiseki ni yoru kumamushi no kanso taisei kyokugen kankyo taisei bunshi kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Multi-omics study to elucidate the molecular mechanism of anhydrobiosis in tardigrade Ramazzottius varieornatus  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 荒川, 和晴  
カナ アラカワ, カズハル  
ローマ字 Arakawa, Kazuharu  
所属 慶應義塾大学大学院・政策・メディア研究科・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40453550
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
陸生のクマムシの多くは周囲の環境の乾燥により、ほぼ完全な脱水を伴って生命活動を可逆的停止する「乾眠」という機構を持つが、その分子機構は未だ明らかではない。そこで、本研究ではヨコヅナクマムシ乾眠前後の主にメタボロームとリン酸化プロテオームによるマルチオミクスにより、有意に変動を示す鍵分子を特定すると共に、その制御機構を解析した。結果、CE-TOFMSとLC-TOFMSを組み合わせたメタボロミクスにより、主に酸化ストレス応答や抗浸透圧ストレス関連の分子の変動がみられ、それらを合成・分解する経路の多くが乾眠時にリン酸化されていることを明らかにした。
Limno-terrestrial tardigrades can withstand extreme environments and almost complete desiccation through a mechanism called anhydrobiosis, but the its molecular mechanism is yet to be explored. To this end, we have conducted a comprehensive multi-omics analysis using the tardigrade Ramazzottius varieornatus, which is a potential model species for anhydrobiosis. In order to analyze the metabolic changes in the active and dehydrated states, we measured the metabolome in both conditions using two types of high-throughput mass spectrometry (MS) systems, CE-TOFMS and LC-TOFMS. Moreover, phospho-proteome was also analyzed to observed the metabolic regulations. As a result, while changes in gene expression profiles are limited in between active and tun states, dynamic changes were observed in the metabolism of this species in response to desiccation. Changes in the metabolic profiles suggests complex intracellular responses to oxidative and osmotic stress.
 
目次

 
キーワード
メタボローム  

システム生物学  

プロテオーム  

乾眠  

クマムシ  

クリプトビオシス  

マルチオミクス  

バイオインフォマティクス  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2010~2013
課題番号 : 22681029
研究分野 : 複合新領域
科研費の分科・細目 : ゲノム科学・ゲノム生物学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:38  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース