慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KAKEN_20500466seika  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KAKEN_20500466seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :102.9 KB
Last updated :Mar 30, 2012
Downloads : 1533

Total downloads since Mar 30, 2012 : 1533
 
Release Date
 
Title
Title リンパ浮腫に対する治療効果と生理学的機序に関する研究  
Kana リンパ フシュ ニ タイスル チリョウ コウカ ト セイリガクテキ キジョ ニ カンスル ケンキュウ  
Romanization Rinpa fushu ni taisuru chiryo koka to seirigakuteki kijo ni kansuru kenkyu  
Other Title
Title Effectiveness of lymphedema management and physiological mechanisms  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 辻, 哲也  
Kana ツジ, テツヤ  
Romanization Tsuji, Tetsuya  
Affiliation 慶應義塾大学・医学部・講師  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link 科研費研究者番号 : 90245639

Name 里宇, 明元  
Kana リウ, メイゲン  
Romanization Liu, Meigen  
Affiliation 慶應義塾大学・医学部・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 60146701
Edition
 
Place
 
Publisher
Name  
Kana  
Romanization  
Date
Issued (from:yyyy) 2011  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 科学研究費補助金研究成果報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2010  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
【目的】リンパ浮腫の治療法として、保存的治療と手術治療の効果を比較検討すること。
【方法】対象は子宮体癌・子宮頚癌・卵巣癌術後(骨盤内リンパ節郭清施行)に続発性リンパ浮腫を下肢に発症し、複合的治療もしくはリンパ管静脈吻合術を施行された患者。複合的治療は外来にて日常生活指導、スキンケア、圧迫療法、圧迫下での運動、リンパドレナージを実施するものとし、圧迫療法としてを終日実施した群(包帯群)とと圧迫衣類を併用した群(併用群)に分類した。治療効果は後方視的に膝蓋骨上縁から10cm近位(AK10)、膝蓋骨下縁から10cm遠位(BK10)・20cm遠位(BK20)、足関節(ANKLE)の周径(cm)で評価した。
【結果】包帯群13例、併用群15例、手術群17例であった。包帯群および手術群では、治療前と比べて治療開始1か月後の下肢周径はすべての部位で有意な改善を認めた(対応のある2群の検定)。一方、併用群ではANKLEのみ有意な改善を認めた。3群間の比較ではAK10、BK20、ANKLEでは手術群よりも包帯群の方が、BK20、ANKLEでは併用群よりも手術群の方が有意な減少を認めた(2元配置分散分析、FisherのPLSD)。
【考察】複合的治療、リンパ管静脈吻合術のいずれの治療方法ともに、リンパ浮腫の改善効果が得られることがわかった。リンパ管静脈吻合術の実施の際には、その適応と手技の選択が慎重になされなければならないが、保存的な複合的治療と同等、もしくはそれ以上の改善効果が得られるため、適応を選べば、保存的治療と並んで治療の選択肢として位置づけられることが示唆された。
 
Table of contents

 
Keyword
リンパ浮腫  

複合的治療  

複合的理学療法  

リンパ管静脈吻合術  
NDC
 
Note
研究種目 : 基盤研究(C)

研究期間 : 2008~2010

課題番号 : 20500466

研究分野 : 総合領域

科研費の分科・細目 : 人間医工学・リハビリテーション科学・福祉工学
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Mar 29, 2012 09:00:00  
Creation date
Mar 29, 2012 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Grants-in-Aid for Scientific Research / Fiscal year 2010 / Japan Society for the Promotion of Science
 
Related to