慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KAKEN_19560453seika  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KAKEN_19560453seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :75.9 KB
Last updated :Dec 26, 2009
Downloads : 2027

Total downloads since Dec 26, 2009 : 2027
 
Title
Title 極値制御方式を用いたエンジン・パワートレインの実用的制御  
Kana キョクチ セイギョ ホウシキ オ モチイタ エンジン パワー トレイン ノ ジツヨウテキ セイギョ  
Romanization kyokuchi seigyo hoshiki o mochiita enjin pawa torein no jitsuyoteki seigyo  
Other Title
Title Actual control of engine power train based on extreme control strategy  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 大森, 浩充  
Kana オオモリ, ヒロミツ  
Romanization OHMORI, HIROMITSU  
Affiliation 慶應義塾大学・理工学部・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link 科研費研究者番号:90203942
Edition
publisher  
Place
 
Publisher
Name  
Kana  
Romanization  
Date
Issued (from:yyyy) 2009  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 科学研究費補助金研究成果報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2008  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本研究では,連続可変動弁機構付きのV型6気筒SI(Spark Ignition)エンジンを制御対象として,(1)エンジン始動制御,(2)トルクデマンド制御を実現する制御手法を開発し,ベンチマークテストを行いすべての設計仕様が満足されていることを確認した.エンジン始動制御では,吸気バルブリフト量のみを主体としてエンジン制御をおこない,離散時間極値探査制御を実現した.また,トルクデマンド制御では,吸気バルブリフト量の制御にスミスのむだ時間補償に基づくセルフチューニング制御を応用し,ロバストな制御を実現した.
 
Table of contents

 
Keyword
エンジン始動制御  

トルクデマンド  

極値制御  

セルフチューニング制御  
NDC
 
Note
研究種目:基盤研究(C)

研究期間:2007~2008

課題番号:19560453

研究分野:工学

科研費の分科・細目:電気電子工学・制御工学
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Dec 24, 2009 09:00:00  
Creation date
Dec 24, 2009 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Grants-in-Aid for Scientific Research / Fiscal year 2008 / Japan Society for the Promotion of Science
 
Related to