慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KAKEN_19560394seika  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KAKEN_19560394seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :171.5 KB
Last updated :Dec 26, 2009
Downloads : 1157

Total downloads since Dec 26, 2009 : 1157
 
Release Date
 
Title
Title Mチャンネルフィルタバンクのリフティング実現と可逆非可逆統一符号化への応用  
Kana Mチャンネル フィルタ バンク ノ リフティング ジツゲン ト カギャク ヒカギャク トウイツ フゴウカ エノ オウヨウ  
Romanization Mchanneru firuta banku no rifutingu jitsugen to kagyaku hikagyaku toitsu fugoka eno oyo  
Other Title
Title Lifting Structure of M-channel Filter Banks and its Application to Lossy-Lossless Coding  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 池原, 雅章  
Kana イケハラ, マサアキ  
Romanization IKEHARA, MASAAKI  
Affiliation 慶應義塾大学・理工学部・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link 科研費研究者番号:00212796
Edition
 
Place
 
Publisher
Name  
Kana  
Romanization  
Date
Issued (from:yyyy) 2009  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 科学研究費補助金研究成果報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2008  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本研究課題では,Mチャンネルフィルタバンクのブロックリフティング構造による実現法を示し、可逆非可逆統一符号化への応用を述べ、その有効性を示した。提案するM分割双直交フィルタバンクはブロックリフティング構造に基づく因数分解を行うことで各リフティングの丸め処理の統合が効率よく行える構造を持ち,その総数を減らすことが可能となる.ビットプレーン符号化により生成されたビットストリームはスケーラビリティを持ち,全てを伝送することでロスレスモードとして,また所望のビットレートで打ち切ることでロッシーモードとして利用できる.次世代のJPEG2000で採用されている離散ウェーブレット変換と比較し,提案した方法が優れていることをシミュレーションで示した.
 
Table of contents

 
Keyword
フィルタバンク  

可逆非可逆画像符号化  

リフティング構造  
NDC
 
Note
研究種目:基盤研究(C)

研究期間:2007~2008

課題番号:19560394

研究分野:工学

科研費の分科・細目:電気電子工学・通信ネットワーク工学
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Dec 24, 2009 09:00:00  
Creation date
Dec 24, 2009 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Grants-in-Aid for Scientific Research / Fiscal year 2008 / Japan Society for the Promotion of Science
 
Related to