慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19500274seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19500274seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :220.0 KB
Last updated :Dec 26, 2009
Downloads : 989

Total downloads since Dec 26, 2009 : 989
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 神経幹細胞生存因子の同定  
カナ シンケイ カンサイボウ セイゾン インシ ノ ドウテイ  
ローマ字 shinkei kansaibo seizon inshi no dotei  
別タイトル
名前 Identification of neural stem cell survival factor  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 島崎, 琢也  
カナ シマザキ, タクヤ  
ローマ字 SHIMAZAKI, TAKUYA  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号:00324749
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2008  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年、様々な研究によって神経幹細胞の維持・分化機構等の解明が進んでいるが、神経幹細胞の維持における生存機構についてはあまりよく分かっておらず、いわゆる生存因子とされるものも同定されていなかった。そこで本研究では、ストローマ細胞の一種であるPA-6の培養上澄がマウスES細胞由来および胎仔脳由来神経幹細胞の低密度培養下でのneurosphere形成を促進する活性を持つことを見出し、その活性分子の少なくとも1つと考えられるものを精製・同定した。
 
目次

 
キーワード
神経幹細胞  

PA-6  

生存因子  

ES細胞  

クローニング  
NDC
 
注記
研究種目:基盤研究(C)

研究期間:2007~2008

課題番号:19500274

研究分野:総合領域

科研費の分科・細目:神経科学・神経科学一般
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 24, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 24, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2008年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース