慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K19592seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K19592seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :586.1 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 182

Total downloads since Nov 14, 2022 : 182
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 移植可能な真の代替肝臓の開発を目指した胆汁産生と排泄機能復元への挑戦  
カナ イショク カノウナ シン ノ ダイタイ カンゾウ ノ カイハツ オ メザシタ タンジュウ サンセイ ト ハイセツ キノウ フクゲン エノ チョウセン  
ローマ字 Ishoku kanōna shin no daitai kanzō no kaihatsu o mezashita tanjū sansei to haisetsu kinō fukugen eno chōsen  
別タイトル
名前 Bile duct regeneration for transplantable functional liver graft  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 八木, 洋  
カナ ヤギ, ヒロシ  
ローマ字 Yagi, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20327547

名前 須藤, 亮  
カナ スドウ, リョウ  
ローマ字 Sudō, Ryō  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20407141

名前 水口, 裕之  
カナ ミズグチ, ヒロユキ  
ローマ字 Mizuguchi, Hiroyuki  
所属 大阪大学・薬学研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50311387
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
肝臓の再生機序を理解する上で、立体的な胆管構造と胆汁の産生・排泄機能の再構築は必須の課題であるが、複雑な三次元構造と細胞同士の相互関係を復元することは非常に困難である。我々は脱細胞化肝臓骨格内の立体構造を利用することで胆管の再生を目指した研究を進めてきた。本研究成果によって、脱細胞化骨格が持つ立体構造を利用することで、これまで困難であった三次元胆管構造の再生への道筋が示された。また成熟細胞はもとより、肝前駆細胞単独での機能的胆管再生の可能性が示唆された。
In this study, we performed implantation of the engineered graft with a large number of human iPS cell derived multiple cell types into the pre-clinical porcine model inducing immune-deficient, by the nation-wide collaboration work. Importantly, the work includes the validation of the production process, the establishment of the safety evaluation criteria for the product by the proteomics analysis as well as the bile duct regeneration. These effective collaborations of medicine and engineering approach will successfully provide the novel technology for large- scale organ reconstruction with bile production and novel therapeutic option for end-stage liver disease.
 
目次

 
キーワード
脱細胞化  

臓器再生  

胆管再生  

肝臓移植  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K19592
研究分野 : 移植外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 12:46:27  
作成日
May 17, 2022 13:23:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース