慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K16812seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K16812seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :320.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 247

Total downloads since Mar 5, 2021 : 247
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 遺伝性婦人科悪性腫瘍に対する新たな発症機構の分子疫学的解析  
カナ イデンセイ フジンカ アクセイ シュヨウ ニ タイスル アラタナ ハッショウ キコウ ノ ブンシ エキガクテキ カイセキ  
ローマ字 Idensei fujinka akusei shuyō ni taisuru aratana hasshō kikō no bunshi ekigakuteki kaiseki  
別タイトル
名前 Molecular and epidemiological analysis for new carcinogenesis mechanism in hereditary gynecological cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 辻, 浩介  
カナ ツジ, コウスケ  
ローマ字 Tsuji, Kōsuke  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70528166
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
遺伝性婦人科腫瘍であるリンチ症候群は、その特徴であるマイクロ不安定性 (MSI) が免疫チェックポイント阻害薬の治療選択として注目されている。我々は、卵巣癌におけるリンチ症候群の診断ツールとしてSGO基準の有用性を示した。また、卵巣癌と子宮体癌の重複例でLynch症候群が7/33 (21.2%) と多く、さらに腫瘍のゲノム解析では、子宮体癌、卵巣癌両原発巣において、高腫瘍変異量 (>10mutations/Mb) が示された。変異遺伝子の追加解析で、各原発癌の発癌メカニズムが特徴づけられると期待される。また、進行・再発癌のMSI解析から、子宮頸癌ではMSI-highは認められないことが示された。
The characteristic feature of Lynch syndrome, one of a hereditary gynecological tumors, is microsatellite instability (MSI), which has been attracting attention as a companion diagnostics for immune checkpoint inhibitors. We proved the usefulness of the SGO criteria as a diagnostic tool for Lynch syndrome in ovarian cancer. In addition, Lynch syndrome is common in 7/33 (21.2%) cases of double cancer of ovarian and endometrial cancer. In addition, genomic analysis of these tumors revealed tumor mutation burden-high (> 10 mutations/ Mb) in both endometrial cancer and ovarian cancer. Further analysis of these mutated genes is expected to reveal the carcinogenic mechanism of each primary cancer. In addition, MSI analysis of advanced or recurrent gynecological cancers showed that MSI-high was not observed in cervical cancer.
 
目次

 
キーワード
リンチ症候群  

卵巣癌  

子宮体癌  

重複癌  

マイクロサテライト不安定性  

高腫瘍変異量  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2018~2019
課題番号 : 18K16812
研究分野 : 婦人科腫瘍
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:38  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース