慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K06734seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K06734seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :237.1 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 311

Total downloads since Nov 14, 2022 : 311
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル フラボノイド混合物の抗炎症作用メカニズムの解析とその応用  
カナ フラボノイド コンゴウブツ ノ コウエンショウ サヨウ メカニズム ノ カイセキ ト ソノ オウヨウ  
ローマ字 Furabonoido kongōbutsu no kōenshō sayō mekanizumu no kaiseki to sono ōyō  
別タイトル
名前 Mechanistic study of anti-inflammatory activity of flavonoid mixtures and its application  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 木内, 文之  
カナ キウチ, フミユキ  
ローマ字 Kiuchi, Fumiyuki  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60161402

名前 植草, 義徳  
カナ ウエクサ, ヨシノリ  
ローマ字 Uekusa, Yoshinori  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30753024
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
生薬オウゴンに含まれるbaicalein (1), wogonin (2), oroxylin A (3), 6-methoxywogonin (4)の4種のフラボノイドの等量混合物の抗炎症作用を、培養細胞に対するリポポリ多糖刺激によるプロスタグランジンE2 (PGE2)並びに一酸化窒素(NO)産生抑制を用いて解析し、1~3の混合物 (3mix)は個々の化合物の作用の和より強力(相乗的)にPGE2産生を抑制し、これに4を加えても作用の増強が見られなかった。一方、NO産生では3mixに相乗作用は見られなかったものの、これに4を加えると相乗的に効果が増強されることを明らかにした。
Anti-inflammatory effect of an equimolar mixture of four flavonoids, baicalein (1), wogonin (2), oroxylin A (3), 6-methoxywogonin (4) contained in Scutellaria root, was analyzed using inhibition of the lipopolysaccharide-induced production of prostaglandin E2 (PGE2) and nitric oxide (NO) in cultured cells. A mixture of 1~3 (3-mix) inhibited the production of PGE2 stronger (synergistic effect) than that of a sum of each compound and addition of 4 to the 3-mix did not enhance the activity. On the contrary, the 3-mix did not show synergism in the inhibition of NO production, but addition of 4 exserted synergistic effect.
 
目次

 
キーワード
フラボノイド  

抗炎症作用  

一酸化窒素(NO)産生抑制  

プロスタグランジン(PG)産生抑制  

オウゴン  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K06734
研究分野 : 生薬学・天然物化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 12:32:30  
作成日
May 17, 2022 13:20:41  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (396) 1st
2位 Spatial animacy ... (375)
3位 文化資本概念の現... (374)
4位 新自由主義に抗す... (327)
5位 ガールクラッシュ... (303)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (707) 1st
2位 酢酸エステル類の... (672)
3位 インフルエンサー... (548)
4位 外国判決の承認に... (493)
5位 診療上の医師の注... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース