慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17KT0046seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17KT0046seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :489.5 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 68

Total downloads since Mar 5, 2021 : 68
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 褥瘡・皮膚潰瘍の個別化を目的とした遺伝子プロファイルの検討  
カナ ジョクソウ・ヒフ カイヨウ ノ コベツカ オ モクテキ ト シタ イデンシ プロファイル ノ ケントウ  
ローマ字 Jokusō hifu kaiyō no kobetsuka o mokuteki to shita idenshi purofairu no kentō  
別タイトル
名前 Gene profiling for pressure ulcer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西原, 広史  
カナ ニシハラ, ヒロシ  
ローマ字 Nishihara, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50322805

名前 松崎, 典弥  
カナ マツサキ, ミチヤ  
ローマ字 Matsusaki, Michiya  
所属 大阪大学・工学研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00419467

名前 角五, 彰  
カナ カクゴ, アキラ  
ローマ字 Kakugo, Akira  
所属 北海道大学・理学研究院・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10374224

名前 柳, 輝希  
カナ ヤナギ, テルキ  
ローマ字 Yanagi, Teruki  
所属 北海道大学・大学病院・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50755973

名前 繁富, 香織  
カナ シゲトミ, カオリ  
ローマ字 Shigetomi, Kaori  
所属 北海道大学・高等教育推進機構・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90431816

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目標は、「複雑系疾病である褥瘡・皮膚潰瘍の個別化を通じて、治療の最適化および新規治療法の開発をおこなうこと」である。臨床病理学的解析は十分に実施することができ、世界で初めて、褥瘡発症過程をメカニズムに応じて分類することに成功した。また、その因子としてPDGFRβの関与を示唆することができた。しかし、生体医工学によるアプローチとしてEx vivoによる褥瘡モデル開発に取り組んだが、実験に最適な細胞シートの完成が間に合わず、圧負荷による細胞変化を捉えるには至らなかった。研究目標の達成率は、40%。
Our research aim was to clarify the mechanism of pressure ulcer and try to establish the personalized treatment for the patients with pressure ulcer. Through this research, we have performed clinico-pathological evaluation for up to 200 cases. In results, we could divided pressure ulcer into two types depending on the mechanism. In addition, we explore the involvement of PDGFRb as a responsible factor for pressure ulcer. 
We also performed biotechnological approach to establish the Ex vivo model for pressure ulcer, but we could not make cell sheet with strength enough for experimental pressure test. Achievement rate of our original research aim would be evaluated as 40%.
 
目次

 
キーワード
褥瘡  

病理  

臨床  

生体医工学  

細胞シート  

圧負荷  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (特設分野研究)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17KT0046
研究分野 : 臨床病理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:34  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース