慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K20031seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K20031seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :875.0 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 229

Total downloads since Oct 31, 2019 : 229
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Bio-imaging without targets  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡, 浩太郎  
カナ オカ, コウタロウ  
ローマ字 Oka, Kōtarō  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10276412

名前 院田, 雅裕  
カナ インダ, マサヒロ  
ローマ字 Inda, Masahiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 井上, 俊成  
カナ イノウエ, シュンセイ  
ローマ字 Inoue, Shunsei  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 遠藤, 実夏  
カナ エンドウ, ミカ  
ローマ字 Endō, Mika  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
生命現象を解析する際に様々なイメージング技術が使われており、とりわけ蛍光色素やタンパク質を利用した、事前に見る対象を決めたイメージング技術開発は目覚しい。我々はこの様なBioimaging with targes研究に対して、事前に見る対象を決めないBioimaging without targets研究を提案した。この研究では無染色標本から可視光域でのハイパースペクトルやラマン分光イメージング法により画像を取得し、様々情報処理技法を用いることで、細胞温度の計測や脳地図の自動生成を行うことに成功した。
A variety of imaging techniques are used in analyzing biological phenomena, and in particular, development of imaging techniques targeted for specific molecules in advance using fluorescent dyes and proteins is remarkable. We proposed a Bioimaging without targets study that did not decide, in advance, the target for such a Bioimaging with targes study. In this research, images were acquired from unstained biological specimens (Hela cells and brain slices) by a hyperspectrum camera in the visible light region or Raman spectroscopic imaging method, and various information processing techniques succeeded in measuring cell temperature and automatically generating brain map.
 
目次

 
キーワード
生体生命情報学  

生物物理  

バイオインフォマティクス  

人工知能  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究(萌芽)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K20031
研究分野 : 生体生命情報学, 神経科学, 生物物理
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:01  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (315) 1st
2位 新自由主義に抗す... (287)
3位 DAOの法的地位と... (278)
4位 「余白的コミュニ... (257)
5位 個人・組織両面で... (238)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3467) 1st
2位 なぜ神が存在する... (621)
3位 気象変化による片... (589)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 中国古代の動物観... (314)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース