慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K19668seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K19668seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :974.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 520

Total downloads since Oct 31, 2019 : 520
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 肥満、糖尿病関連遺伝子レプチンと炎症性腸疾患の関連性の検討  
カナ ヒマン、トウニョウビョウ カンレン イデンシ レプチン ト エンショウセイ チョウ シッカン ノ カンレンセイ ノ ケントウ  
ローマ字 Himan, tōnyōbyō kanren idenshi repuchin to enshōsei chō shikkan no kanrensei no kentō  
別タイトル
名前 Analyse of leptin signal in inflammatory bowel disease  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 筋野, 智久  
カナ スジノ, トモヒサ  
ローマ字 Sujino, Tomohisa  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40464862
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
レプチンはホルモンの一種であり、食事摂取後に脳内、筋肉、褐色脂肪細胞に働き、インスリン感受性、及び血糖の上昇抑制に役割を果たしていることが知られている。近年レプチンの受容体がT細胞上にもあることが発見され、様々な腸炎モデルにてレプチン欠損では腸炎が誘導されにくいことが示されている。レプチンシグナルの下流シグナルはSTAT3経路、mTOR/Akt経路があり、前者はTh17細胞誘導に必須であることが示されている。腸管上皮内の炎症抑制T細胞誘導においてレプチン下流のmTOR/AKtシグナルが重要であることを見出した。
Leptin is a type of hormone and is known to act on brain, muscle and brown fat cells in the brain after eating, and play a role in insulin sensitivity and suppression of blood sugar elevation. In recent years, it has been discovered that leptin receptors are also present on T cells, and it has been shown that leptin deficiency is less likely to be induced in various enteritis models. The downstream signal of leptin signal is STAT3 pathway, mTOR / Akt pathway, and the former paper has been shown to be essential for Th17 cell induction. We found that the mTOR / AKt signal downstream of leptin is important in the induction of anti-inflammatory CD4CD8aa T cells in the intestinal epithelium.
 
目次

 
キーワード
炎症性腸疾患  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究(萌芽)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K19668
研究分野 : 消化器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:00  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース