慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K19614seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K19614seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :101.5 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 302

Total downloads since Mar 5, 2021 : 302
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 局所代謝を反映した微小管修飾による化学治療抵抗性獲得機構の解明  
カナ キョクショ タイシャ オ ハンエイシタ ビショウカン シュウショク ニ ヨル カガク チリョウ テイコウセイ カクトク キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kyokusho taisha o han'eishita bishōkan shūshoku ni yoru kagaku chiryō teikōsei kakutoku kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Augmented glycolysis and its blanched pathway by microtubule-stabilizing reagent determine the chemosensitivity of breast cancer cell via the sulfur metabolism.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山本, 雄広  
カナ ヤマモト, タケヒロ  
ローマ字 Yamamoto, Takehiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50383774
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年、代謝経路切り替えががん細胞のストレス耐性獲得に寄与する事が明らかになりつつある。タキサン系抗がん剤であるパクリタキセルは微小管を安定化させることで細胞分裂を阻害し効果を発揮するが、我々は乳がん細胞のパクリタキセル耐性株において、解糖系からセリン生合成経路を経て含硫アミノ酸代謝への経路が活性化し、antioxidantsが増加することを見出した。その際、硫化水素産生酵素の発現レベルによって複数の代謝酵素群のチオール基の可逆的な修飾変化が認められた。これらのことから、解糖系由来の炭素源が硫黄代謝へ利用されることがパクリタキセル薬剤耐性獲得の必要条件であることが示唆された。
Metabolic reprogramming of central carbon metabolism played important roles in the acquisition of anti-oxidative capacity in various types of cancer cells. In this study, we focused the metabolic interactions between cytoskeleton and glycolytic enzymes to acquire chemoresistance. We observed higher modification levels of glycolytic enzymes in paclitaxel-resistant cells than control cells. Furthermore, we compared metabolic characteristics between naive and Paclitaxel-resistant cells using mass-labelled glucose. Using metabolome analyses, we demonstrated metabolic features in Paclitaxel-resistant cells; activation of glycolysis, Serine synthetic pathway, and sulfur-containing amino acid metabolism. Our results illustrate that carbon derived from glucose is used for the production of antioxidants from sulfur-containing metabolites.
 
目次

 
キーワード
解糖系  

翻訳後修飾  

硫化水素  

細胞骨格  

抗がん剤  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K19614
研究分野 : 代謝生化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:34  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース