慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15452seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15452seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :307.9 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 284

Total downloads since Oct 31, 2019 : 284
 
タイトル
タイトル 皮膚恒常性に関わる脂質代謝系の包括的理解を目指した網羅的メタボローム解析  
カナ ヒフ コウジョウセイ ニ カカワル シシツ タイシャケイ ノ ホウカツテキ リカイ オ メザシタ モウラテキ メタボローム カイセキ  
ローマ字 Hifu kōjōsei ni kakawaru shishitsu taishakei no hōkatsuteki rikai o mezashita mōrateki metaborōmu kaiseki  
別タイトル
名前 Global understanding of the lipid metabolic network involved in skin homeostasis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 永沼, 達郎  
カナ ナガヌマ, タツロウ  
ローマ字 Naganuma, Tatsurō  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60779619
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
皮膚の恒常性は多種多様な脂質分子によって制御されており,アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の発症には脂質代謝異常が関わる可能性がある。疾患発症と脂質代謝異常との因果関係を明らかにするには,皮膚症状を呈する前から継時的に脂質組成を解析する必要がある。また,皮膚の恒常性維持に関わる多彩な脂質分子を包括的に捉えることも肝要である。本研究では,LC-MS/MSを用いた網羅的メタボローム解析技術をアトピー性皮膚炎モデルマウスに適用し,病態の進行に伴う脂質代謝変化を継時的かつ包括的に捉えることで,疾患発症に先立って特定のセラミド代謝系に異常を生じていることを見出し,アトピー発症の原因となる可能性を示唆した。
Varieties of the lipid molecules are involved in the maintenance of skin homeostasis, and disrupted lipid metabolisms are shown in patients of cutaneous disorders. To clarify the disease pathogenesis of dermatitis, it’s important to capture the comprehensive lipidome profile in the course of disease onset and progression. In the present study, we performed lipidomic analyses using LC-MS/MS in atopic dermatitis model mouse. As a results, we found significant reductions in NDS ceramide and DHS levels in the early phase of disease onset, suggesting that abnormal ceramide metabolism cause disrupted ceramide balances and  might be responsible for the pathogenesis of atopic dermatitis.
 
目次

 
キーワード
リピドミクス  

メタボローム解析  

質量分析  

アトピー性皮膚炎  

皮膚  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K15452
研究分野 : 脂質生化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:10:55  
作成日
Oct 31, 2019 11:10:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース