慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15129seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15129seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :80.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 144

Total downloads since Oct 31, 2019 : 144
 
タイトル
タイトル ヒトES細胞の分化過程における転写因子ネットワークの解明と新規分化誘導因子の同定  
カナ ヒト ES サイボウ ノ ブンカ カテイ ニ オケル テンシャ インシ ネットワーク ノ カイメイ ト シンキ ブンカ ユウドウ インシ ノ ドウテイ  
ローマ字 Hito ES saibō no bunka katei ni okeru tensha inshi nettowāku no kaimei to shinki bunka yūdō inshi no dōtei  
別タイトル
名前 Elucidating of transcription factor network during the differentiation of human ES cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 秋山, 智彦  
カナ アキヤマ, トモヒコ  
ローマ字 Akiyama, Tomohiko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20570691
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
転写因子導入によるヒトES細胞の分化誘導を制御するオープンクロマチンを同定するためにATACシーケンス法を行った。MYOD1導入による骨格筋分化およびNGN2導入による神経分化の解析を行い、それぞれに特異的に存在するオープンクロマチン領域を数千箇所同定した。さらに発生過程や成体の細胞において元来MYOD1やNGN2が結合するオープンクロマチン領域以外に、ES細胞に導入した際に特異的に出現するオープンクロマチン領域が存在することを明らかになった。これら2タイプのオープンクロマチン領域により制御される近傍遺伝子が協調して働くことによって、ダイレクトな細胞性質変換が可能になると考えられる。
ATAC sequencing was performed to identify open chromatin that regulates differentiation of human ES cells by introduction of transcription factors. Skeletal muscle differentiation by introducing MYOD1 and neuronal differentiation by introducing NGN2 was analysed and we identified several thousands of open chromatin sites specifically present in the differentiated cells. In addition to the sites that MYOD1 and NGN2 originally bind to in adult tissues, there were open chromatin sites that appear specifically when MYOD1 and NGN2 were introduced into ES cells. Together, direct conversions of ES cells to terminally differentiated cells can be achieved by the coordinated action controlled by these two types of open chromatin sites.
 
目次

 
キーワード
ES細胞  

細胞分化  

転写制御  

クロマチン  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K15129
研究分野 : 転写制御
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:11  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 組織市民行動が成... (9314) 1st
2位 もしも世界がみん... (1356)
3位 人びとはどのよう... (380)
4位 ドイツのSNS対策... (357)
5位 伊藤隆太君学位請... (354)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 組織市民行動が成... (6971) 1st
2位 アセトアニリドの... (1377)
3位 中和滴定と酸塩基... (591)
4位 アルコール発酵の... (505)
5位 Instagram解析に... (432)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース