慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K14942seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K14942seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.9 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 104

Total downloads since Mar 5, 2021 : 104
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 領野間情報伝達を担う投射先選択的な神経細胞間の同期発火  
カナ リョウヤカン ジョウホウ デンタツ オ ニナウ トウシャサキ センタクテキ ナ シンケイ サイボウカン ノ ドウキ ハッカ  
ローマ字 Ryōyakan jōhō dentatsu o ninau tōshasaki sentakuteki na shinkei saibōkan no dōki hakka  
別タイトル
名前 Synchronous firing between target-selective neurons responsible for inter-cortical communication  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石川, 理子  
カナ イシカワ, アヤコ  
ローマ字 Ishikawa, Ayako  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60547991
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
生後発達期の脳は周囲の環境からの感覚入力パターンに応じて大きく脳内ネットワークを柔軟に変化させる。本研究成果は、大脳皮質一次視覚野には、異なる柔軟性を持つ神経ネットワークが存在することを示した。大脳皮質において、浅層と深層の神経細胞間の同期発火の形成に必要な視覚環境が異なった。浅層 (2-4層) では、類似した視覚反応性をもつ神経細胞間で同期的な神経活動が生じ、この同期発火は視覚環境に依存し形成された。一方、深層 (5/6層) では、同期発火の視覚選択性は弱く、その形成は生後発達期における視覚環境に対する依存度が2/3層より低かった。
During postnatal development, neural circuit in the cerebral cortex flexibly changes in response to sensory input patterns from the surrounding environment. We have shown that two neural circuits with different flexibility were embedding in the primary visual cortex. The visual environment required for the formation of synchronous firing was different depending on the layer. In the upper layers (layers 2-4), synchronous firing occurred between neurons with similar visual selectivity, and this synchronous firing was formed in a visual environment-dependent manner. In contrast, in the lower layers (5/6 layers), synchronous firing occurred neuron with distinct visual selectivity and its formation was less dependent on the visual environment during postnatal development than in the upper layers.
 
目次

 
キーワード
視覚野  

神経回路  

同期発火  

可塑性  

発達  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K14942
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:38  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース