慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K14610seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K14610seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :711.9 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 244

Total downloads since Mar 5, 2021 : 244
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 界面活性剤分子の自己集合によるトムズ効果メカニズムの分子論的解明  
カナ カイメン カッセイザイ ブンシ ノ ジコ シュウゴウ ニ ヨル トムズ コウカ メカニズム ノ ブンシロンテキ カイメイ  
ローマ字 Kaimen kasseizai bunshi no jiko shūgō ni yoru Tomuzu kōka mekanizumu no bunshironteki kaimei  
別タイトル
名前 Molecular mechanism of Tom's effect by self-assembly of surfactant molecules  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 荒井, 規允  
カナ アライ, ノリヨシ  
ローマ字 Arai, Noriyoshi  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80548363
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
トムズ効果の分子論的なメカニズムを調べるため,分子シミュレーションを用いて,円管流れ下における界面活性剤水溶液の挙動を再現,解析を行った.管の内壁が親水的な性質の場合,界面活性剤の濃度にかかわらずシアーシニングが観察され,一方,疎水的な性質の場合ニュートン流体のような振る舞いとシアーシックニングが観察されることを示した.さらに管径を広げ,乱流領域および層流から乱流への遷移領域における界面活性剤水溶液の振る舞いを再現した.棒状ミセルが管の中心付近に集まったようなせん断誘起構造が観察され,その変化が抵抗低減に影響を与えていることが示唆された.
To investigate the molecular mechanism of the Toms effect, coarse-grained molecular simulations were performed to reproduce the behavior of surfactant aqueous solutions in a tube flow. When the hydrophilic wall of the tube, shear thinning is observed regardless of the concentration of the surfactants, whereas in the hydrophobic tube, Newtonian fluid-like behavior and shear thickening are observed. The tube diameter was extended to reproduce the behavior of the surfactant solution in the turbulent and laminar-to-turbulence transition regions. A shear-induced structure, in which rod-like micelles clustered near the center of the tube, was observed, suggesting that the change in the structure affected the drag reduction.
 
目次

 
キーワード
界面活性剤  

ミセル  

自己集合  

抵抗低減  

分子シミュレーション  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K14610
研究分野 : 分子シミュレーション
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:35  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (320) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (258)
4位 個人・組織両面で... (249)
5位 「余白的コミュニ... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3654) 1st
2位 なぜ神が存在する... (645)
3位 気象変化による片... (590)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 インフルエンサー... (329)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース