慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K08548seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K08548seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :82.1 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 191

Total downloads since Mar 5, 2021 : 191
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 軟骨原基を形成する形態形成関連因子の三次元的解析  
カナ ナンコツ ゲンキ オ ケイセイスル ケイタイ ケイセイ カンレン インシ ノ サンジゲンテキ カイセキ  
ローマ字 Nankotsu genki o keiseisuru keitai keisei kanren inshi no sanjigenteki kaiseki  
別タイトル
名前 Three-dimensional analysis of morphogenetic factors forming cartilage primordia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 依田, 昌樹  
カナ ヨダ, マサキ  
ローマ字 Yoda, Masaki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30464994
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
軟骨原基が形成される時期は間葉系組織中に血管の侵入はないことから、軟骨原基の形態形成関連因子を産生しているのは軟骨原基周囲の間葉系細胞であると考えられる。胎生期の軟骨原基および周囲に存在する間葉系細胞の可視化をおこなった結果、軟骨原基の発現が部位ごとに異なることが分かった。また、組織学的観察により軟骨原基と周囲の細胞群の境界面にPDGFRα陽性細胞の局在が明らかとなり、成長因子であるPDGFの関与が示唆された。三次元的解析から軟骨を可視化できることができ、今後の免疫染色を併用した形態形成因子の局在解明に関する知見が得られた。
Since there is no invasion of blood vessels into the mesenchymal tissues at the time when the cartilage primordia are formed, it is suggested that the mesenchymal cells around the cartilage primordia are producing the morphogenetic factors related to the cartilage primordia. As a result of visualizing the cartilage primordia in the embryonic period and surrounding mesenchymal cells, it was found that the expression of cartilage primordia was different in each site. Moreover, histological observation revealed the localization of PDGFRα-positive cells at the interface between the cartilage primordia and the surrounding cell group, suggesting the involvement of PDGF. The cartilage could be visualized from the three-dimensional analysis, and the findings regarding the localization elucidation of morphogenetic factors using immunostaining were obtained.
 
目次

 
キーワード
骨・軟骨代謝学  

三次元解析  

形態形成  

細胞間相互作用  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K08548
研究分野 : 整形外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:37  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース