慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17H04232seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17H04232seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :388.9 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 12

Total downloads since Mar 5, 2021 : 12
 
タイトル
タイトル 胎児脳・未熟脳における星状グリアの産生メカニズムの解明と治療応用にむけた機能解析  
カナ タイジ ノウ・ミジュク ノウ ニ オケル セイジョウ グリア ノ サンセイ メカニズム ノ カイメイ ト チリョウ オウヨウ ニ ムケタ キノウ カイセキ  
ローマ字 Taiji nō mijuku nō ni okeru seijō guria no sansei mekanizumu no kaimei to chiryō ōyō ni muketa kinō kaiseki  
別タイトル
名前 Mechanisms underlying gliogenesis of astrocytes in premature brain  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 孝雄  
カナ タカハシ, タカオ  
ローマ字 Takahashi, Takao  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80171495

名前 三橋, 隆行  
カナ ミツハシ, タカユキ  
ローマ字 Mitsuhashi, Takayuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80338110

名前 芝田, 晋介  
カナ シバタ, シンスケ  
ローマ字 Shibata, Shinsuke  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70407089

名前 武内, 俊樹  
カナ タケノウチ, トシキ  
ローマ字 Takenouchi, Toshiki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60383741

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、これまでに定量解析されていなかった星状グリアの大脳皮質構築異常に果たす役割を検討したうえで、未熟脳の脳障害に星状グリアが果たす役割の解明を目指し実施した。ヒストン脱アセチル化酵素阻害作用を持つ抗てんかん薬バルプロ酸 (VPA) を胎内曝露することで大脳皮質内の星状グリア数が増加し、エピジェネティックな遺伝子発現異常が生後の星状グリア内においても継続して観察される点を明らかにした。
Recent reports have shown that the astrocyte have multiple roles in maintaining structure of neocortices and behavioral brain functions in mammals. The goal of this analysis was to investigate the role of astrocyte in neocortical histogenesis. We show here that in utero exposure of histone deacetylase inhibitor valproate (VPA) increased the number of astrocyte in neocortices in young adult mice. In addition, specific genes that were critical for ADP biosynthetic process were increased in the neocortical astrocytes by VPA exposure in utero.
 
目次

 
キーワード
神経発生  

大脳皮質  

細胞周期  

アストロサイト  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17H04232
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:32  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 LONG-RUN FISH ST... (8802) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (1164)
3位 記憶の社会学・序... (1140)
4位 日本における小売... (1130)
5位 アルコール発酵の... (1056)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1177) 1st
2位 Linguistic encod... (900)
3位 アルコール発酵の... (644)
4位 右水晶と左水晶の... (498)
5位 日本における赤痢... (434)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース