慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17H04015seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17H04015seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :90.0 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 60

Total downloads since Nov 14, 2022 : 60
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 骨形成性毛細血管からみた内軟骨性骨化の新しい概念  
カナ コツケイセイセイ モウサイ ケッカン カラ ミタ ナイナンコツセイ コッカ ノ アタラシイ ガイネン  
ローマ字 Kotsukeiseisei mōsai kekkan kara mita nainankotsusei kokka no atarashii gainen  
別タイトル
名前 Osteogenic capillaries : new aspect of endochondral ossification  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松尾, 光一  
カナ マツオ, コウイチ  
ローマ字 Matsuo, Kōichi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40229422

名前 黒田, 有希子  
カナ クロダ, ユキコ  
ローマ字 Kuroda, Yukiko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70455343
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中耳の耳小骨と内耳の骨迷路は哺乳動物の成獣では高い石灰化度を示すが、発生過程で硬い骨を作る細胞機構は不明である。本研究では、聴覚に関連する骨の高度な石灰化をもたらす骨芽細胞は、骨基質としてI型に加えII型コラーゲンを産生していることを見出した。通常、I型コラーゲンは骨芽細胞が、II型のコラーゲンは軟骨細胞が産生する。しかも一般的な骨芽細胞が緑色蛍光タンパク質で光るマウスでも、耳の骨の骨芽細胞は光らなかった。耳の骨芽細胞は、骨細胞に変化するなどの性質から、軟骨細胞ではないことが明らかになった。「聴覚骨芽細胞」は、II型コラーゲンを発現する新たな骨芽細胞であると結論付けた。
Auditory ossicles in the middle ear and bony labyrinth of the inner ear are highly mineralized in adult mammals. Cellular mechanisms underlying formation of dense bone during development are unknown. Here, we found that osteoblast-like cells synthesizing highly mineralized hearing-related bones produce both type I and type II collagens as the bone matrix, while conventional osteoblasts and chondrocytes primarily produce type I and type II collagens, respectively. Furthermore, these osteoblast-like cells were not labeled in a "conventional osteoblast"-specific green fluorescent protein mouse line. Type II collagen-producing osteoblast-like cells were not chondrocytes as they express osteocalcin, localize along alizarin-labeled osteoid, and form osteocyte lacunae and canaliculi. Therefore, we conclude that these type II collagen-producing hypermineralizing osteoblasts (named auditory osteoblasts) represent a new osteoblast subtype.
 
目次

 
キーワード
耳小骨  

聴覚骨芽細胞  

ミネラリゼーション  

蝸牛  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2017~2020
課題番号 : 17H04015
研究分野 : 骨代謝学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 10:29:55  
作成日
May 17, 2022 13:20:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (735) 1st
2位 新自由主義に抗す... (663)
3位 グラウンデッド・... (487)
4位 ドイツのSNS対策... (483)
5位 なぜ日本ユニテリ... (473)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2161) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2014)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1778)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース