慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K19546seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K19546seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :181.1 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 574

Total downloads since Nov 12, 2018 : 574
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸管免疫制御による高脂肪食インスリン抵抗性発症予防  
カナ チョウカン メンエキ セイギョ ニ ヨル コウシボウショク インスリン テイコウセイ ハツショウ ヨボウ  
ローマ字 Chōkan meneki seigyo ni yoru kōshibōshoku insurin teikōsei hatsushō yobō  
別タイトル
名前 The physiological roles of intestinal immunity in high fat diet induced insulin resistance  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川野, 義長  
カナ カワノ, ヨシナガ  
ローマ字 Kawano, Yoshinaga  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80571463

名前 伊藤, 裕  
カナ イトウ, ヒロシ  
ローマ字 Ito, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40252457

名前 中江, 淳  
カナ ナカエ, ジュン  
ローマ字 Nakae, Jun  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00344573
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
食事や腸内細菌と密接に関わる, 腸管免疫特に腸管樹状細胞や腸管CD4+T細胞に着目して, 新規の糖・エネルギー代謝制御メカニズムを検討した。腸管樹状細胞Nlrp10と腸管T細胞Foxoの機能解析を行うため, 樹状細胞特異的Nlrp10欠損マウスとCD4細胞特異的Foxo1Foxo3遺伝子改変マウスを作製し代謝表現型を解析した。樹状細胞特異的Nlrp10欠損マウスは, 高脂肪食負荷に伴い耐糖能が悪化し, CD4細胞特異的Foxo1Foxo3遺伝子改変マウスは高脂肪食負荷に伴い耐糖能が改善した。今後, 樹状細胞Nlrp10およびCD4+T細胞Foxoの標的遺伝子およびその制御メカニズムの検討を続ける。
Foxo1 is important in regulating glucose and energy homeostasis, but little is known about the roles in intestinal T cell under HFD. We generated CD4 T cell specific Foxo1 double Foxo3 hetero-KO(T-QKO) mice, Insulin sensitivity of T-QKO mice was significantly improved compared with control mice. Gene expression of Il4 and Il13 in Peyer's patch from T-QKO were significantly increased compared with control mice. These data suggested that Foxo activation of CD4+Tcell may deteriorate HFD induced insulin resistance. Nlrp10 is known as NLR family and it has been reported that Nlrp10 in Dendritic Cell play important roles in T cell activation and induction of Acquired Immunity.Insulin sensitivity of CD11cNlrp10KO was significantly deteriorated compared with control mice. Gene expression of Foxo3 and Il17 in colon from Nlrp10KO were decreased compared with HFD control mice. These data suggested that Nlrp10 in Dendritic cell may play protective roles in HFD induced insulin resistance.
 
目次

 
キーワード
インスリン抵抗性  

腸管免疫  

肥満  

糖尿病  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K19546
研究分野 : インスリン抵抗性
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:03  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース