慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K15648seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K15648seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :87.0 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 263

Total downloads since Nov 12, 2018 : 263
 
タイトル
タイトル ゲノム編集技術とiPS細胞を利用した脳腫瘍に対する遺伝子細胞療法の開発  
カナ ゲノム ヘンシュウ ギジュツ ト iPS サイボウ オ リヨウシタ ノウシュヨウ ニ タイスル イデンシ サイボウ リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Genomu henshū gijutsu to iPS saibō o riyōshita nōshuyō ni taisuru idenshi saibō ryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Gene-cell therapy using iPS cells for the treatment of brain tumor  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 戸田, 正博  
カナ トダ, マサヒロ  
ローマ字 Toda, Masahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20217508

名前 峯, 裕  
カナ ミネ, ユタカ  
ローマ字 Mine, Yutaka  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・訪問研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10306730
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
はじめに, ヒトiPS細胞から分化誘導した神経幹細胞(NSC)にウイルスベクターを用いてHSV-tK遺伝子を導入した。脳腫瘍モデルマウスにHSV-tk発現NSCを移植し, Ganciclovir(GCV)を投与したところ, 著明な治療効果が認められた。つぎにゲノム編集によりHSV-tk遺伝子をiPSに導入したところ, 細胞毒性により安定したiPS細胞株が樹立できなかった。そこで, 遺伝子発現誘導システムを用いて, Tet-inducible HSV-tk導入iPS細胞を樹立した。治療用NSCを誘導し, 脳腫瘍モデルマウスに移植後, GCVとDoxycyclineを投与すると, 著明な治療効果が確認された。
In this study, the HSV-tK gene was firstly transduced into neural stem cells (NSCs) differentiated from human iPS cells using a viral vector. HSV-tk expressing iPS-NSCs were transplanted into human brain tumor model mice, and the effectiveness of this therapy by administration of ganciclovir (GCV) was demonstrated. Next, HSV-tk gene was introduced into iPS by genome editing, but HSV-tk expressing iPS cell line could not be established due to cytotoxicity. Then, Tet-inducible HSV-tk transduced iPS cells were established using gene expression induction system. After induction of differentiation into therapeutic NSCs, these NSCs were transplanted into brain tumor model mice. After administration of GCV with Doxycycline, a remarkable therapeutic effect of this therapy using gene expression induction system was confirmed.
 
目次

 
キーワード
脳腫瘍学  

ゲノム編集  

幹細胞  

自殺遺伝子  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K15648
研究分野 : 脳神経外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:01  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (354) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (350)
3位 越境するファシズ... (342)
4位 伊藤隆太君学位請... (337)
5位 性犯罪の保護法益... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (415) 1st
2位 新参ファンと古参... (390)
3位 アイドル文化にお... (342)
4位 Instagram解析に... (338)
5位 ジャニーズのアイ... (311)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース