慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K15292seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K15292seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :366.6 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 2040

Total downloads since Oct 31, 2019 : 2040
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Stem Cell Memory T細胞の創出と応用  
カナ Stem Cell Memory T サイボウ ノ ソウシュツ ト オウヨウ  
ローマ字 Stem Cell Memory T saibō no sōshutsu to ōyō  
別タイトル
名前 Generation and application of Stem Cell Memory T Cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 吉村, 昭彦  
カナ ヨシムラ, アキヒコ  
ローマ字 Yoshimura, Akihiko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90182815

名前 近藤, 泰介  
カナ コンドウ, タイスケ  
ローマ字 Kondō, Taisuke  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
最近、新規メモリーT細胞サブセットである幹細胞メモリーT (Tscm) 細胞が発見され、新たなT細胞移入療法の素材として注目されている。Tscm細胞は長命で抗原刺激に応答して急速に増殖し、多数のエフェクターT細胞を産生する。我々はヒト末梢血よりEBウイルスや腫瘍抗原特異的T細胞を増幅させたのち、ヒトNotch-ligand, hDLL1を発現するOP9細胞と共培養することにより、エフェクターT細胞をTscm様細胞 (iTscm) に転換できることを示した。iTscm細胞はヒト化マウスモデルにおいて従来の活性化T細胞よりもはるかに強い抗腫瘍能力を示した。
A novel memory T cell subset, stem cell memory T (Tscm) cell, was recently discovered and is believed to be a useful tool for new T cell transfer therapy. Since Tscm cells are long-lived, and proliferate rapidly in response to antigenic stimulation to produce large numbers of effector T cells. We amplified EB virus and tumor antigen-specific T cells from human peripheral blood and co-cultured with human Notch-ligand and OP9 cells expressing hDLL1. This procedure converted effector T cells into Tscm-like cells (iTscm). We showed that iTscm cells have shown much more potent anti-tumor activity than conventional activated T cells in a humanized mouse model.
 
目次

 
キーワード
腫瘍免疫  

メモリーT細胞  

疲弊化  

Notch  

分化制御  

細胞移入療法  

幹細胞メモリーT細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K15292
研究分野 : 免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (749) 1st
2位 出生率及び教育投... (630)
3位 『うつほ物語』俊... (445)
4位 新自由主義に抗す... (412)
5位 731部隊と細菌戦 ... (325)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2452) 1st
2位 家族主義と個人主... (1829)
3位 731部隊と細菌戦 ... (723)
4位 猫オルガンとはな... (471)
5位 新参ファンと古参... (462)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース