慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K13363seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K13363seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :522.0 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 274

Total downloads since Oct 31, 2019 : 274
 
タイトル
タイトル 都市の空間構造と女性就業 : GISと空間統計ツールを用いた解明  
カナ トシ ノ クウカン コウゾウ ト ジョセイ シュウギョウ : GIS ト クウカン トウケイ ツール オ モチイタ カイメイ  
ローマ字 Toshi no kūkan kōzō to josei shūgyō : GIS to kūkan tōkei tsūru o mochiita kaimei  
別タイトル
名前 A study on urban spatial structure and female labor force participation using GIS and spatial statistics tools  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 河端, 瑞貴  
カナ カワバタ, ミズキ  
ローマ字 Kawabata, Mizuki  
所属 慶應義塾大学・経済学部 (三田)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60375425

名前 安部, 由起子  
カナ アベ, ユキコ  
ローマ字 Abe, Yukiko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
GIS (地理情報システム) と空間統計を用いて、女性就業の地域差およびその要因を分析した。東京都市圏の女性の労働力率と正規雇用率の空間パターンは、配偶関係および子供の有無により顕著に異なる。既婚の母親の労働力率および正規雇用率のコールド・スポット (低い値の集積地) の多くは内側郊外部 (inner suburbs) に見られ、その多くは男性の通勤時間のホット・スポット (高い値の集積地) と重なる。空間計量経済モデルで分析した結果、既婚の母親、特に高学歴の既婚の母親の労働参加は通勤時間の影響を受けやすいことが示唆された。通勤労力を軽減する政策は、育児中の女性の就業を促進する政策インプリケーシ ョンを得た。
We examine spatial disparities in female participation in the labor market using geographic information systems (GIS) and spatial statistics. The spatial patterns differ markedly by marital status and the presence of children. For married mothers, the spatial clusters of low participation and regular employment rates are largely located in the inner suburbs, many of which overlap with the spatial clusters of long male commute times. The spatial regression results indicate that for married mothers, a longer commute time is significantly associated with lower participation and regular employment rates. Among married mothers, highly educated mothers are especially sensitive to commute times. Our findings suggest that implementing policies, which alleviate commuting constraints, could help women with children participate more actively in the labor market.
 
目次

 
キーワード
経済政策  

女性就業  

地理情報システム (GIS)  

空間統計  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K13363
研究分野 : 地理情報科学, 都市地域政策
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース