慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K11928seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K11928seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :385.6 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 110

Total downloads since Mar 5, 2021 : 110
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 看護 x Fab : デジタルファブリケーションによる看護用具・用品の製作に関する研究  
カナ カンゴ x Fab : デジタル ファブリケーション ニ ヨル カンゴ ヨウグ・ヨウヒン ノ セイサク ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Kango x Fab : dejitaru faburikēshon ni yoru kango yōgu yōhin no seisaku ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Nursing x Fab : a research for development of digital fabrication for nursing  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮川, 祥子  
カナ ミヤガワ, ショウコ  
ローマ字 Miyagawa, Shōko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部 (藤沢) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00338203

名前 田中, 浩也  
カナ タナカ, ヒロヤ  
ローマ字 Tanaka, Hiroya  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部 (藤沢) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00372574

名前 藤井, 千枝子  
カナ フジイ, チエコ  
ローマ字 Fujii, Chieko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部 (藤沢) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60320818

名前 吉岡, 純希  
カナ ヨシオカ, ジュンキ  
ローマ字 Yoshioka, Junki  
所属 慶應義塾大学・SFC研究所・所員  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
3Dプリンターをはじめとするデジタルファブリケーション環境を活用した看護介護用具・用品の試作と評価を通じて、デジタルファブリケーションで製作した用具・用品がケアの現場で活用可能であることを明らかにした。また、安全性を評価するための項目の整備を通じて、使用方法を正しく伝えるためのツールの必要性が明らかにし、Webサービスとして実現した。さらに、臨床ニーズと製作者をつなぐためのサービスモデル、および臨床ニーズと製作者をつなぐ役割を持つ看護師「Fabナース」育成のためのトレーニングプログラムを開発し、看護師が看護介護の用具・用品開発に必要となる基礎的なスキルを習得可能であることをあきらかにした。
Through prototyping and evaluation of nursing care tools that utilize a digital fabrication environment such as a 3D printer, it was clarified that tools manufactured by digital fabrication can be used in the field of care. In addition, through the development of items for evaluating safety, the need for tools to correctly convey the usage method was clarified, and this was achieved as a web system. We also have developed a service model for connecting clinical needs and producers, and a training program for fostering a nurse "Fab nurse" who has a role to connect clinical needs and producers. It was made clear that the basic skills necessary for development can be acquired for nurses through this training program.
 
目次

 
キーワード
看護  

デジタルファブリケーション  

ものづくり  

看護教育  

安全性  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16K11928
研究分野 : 健康情報学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:15  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (375) 1st
2位 DAOの法的地位と... (287)
3位 個人・組織両面で... (287)
4位 新自由主義に抗す... (285)
5位 「余白的コミュニ... (260)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 気象変化による片... (585) 1st
2位 人と違っててもい... (413)
3位 江藤名保子君学位... (284)
4位 インフルエンサー... (279)
5位 家族主義と個人主... (268)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース