慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K11380seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K11380seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :383.4 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 344

Total downloads since Nov 14, 2022 : 344
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル KIAA1199の皮膚・創傷における機能解析  
カナ KIAA1199 ノ ヒフ・ソウショウ ニ オケル キノウ カイセキ  
ローマ字 KIAA1199 no hifu sōshō ni okeru kinō kaiseki  
別タイトル
名前 Functional analysis of KIAA1199 in skin wound healing  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 荒牧, 典子  
カナ アラマキ, ノリコ  
ローマ字 Aramaki, Noriko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80365311

名前 貴志, 和生  
カナ キシ, カズオ  
ローマ字 Kishi, Kazuo  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40224919

名前 下田, 将之  
カナ シモダ, マサユキ  
ローマ字 Shimoda, Masayuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70383734
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
今回我々は、新規ヒアルロン酸分解酵素であるKIAA1199のノックアウトマウスを用いた成獣および胎仔創傷治癒過程を検討することで、皮膚・皮膚創傷におけるKIAA1199の機能解析を行うこととした。創傷治癒過程におけるKIAA1199の機能解析を行った報告はこれまでになく、今回の我々の研究結果から、KIAAの欠損が創傷治癒過程、特に瘢痕形成期に影響を与えることが示唆された。今回の研究では、血管新生についての検討がまだなされていないため、今後解析の必要があると考えているが、今後瘢痕抑制などの治療応用への可能性が期待できる。
In this study, we analyze the function of KIAA1199 in skin and cutaneous wounds by investigating the healing process of adult and fetal wounds using knockout mice of the new hyaluronan degrading enzyme KIAA1199. There have been no previous reports of functional analysis of KIAA1199 in the wound healing process, our data suggested that KIAA deficiency affects the wound healing process, especially the stage of scar formation. Since we have not conducted research on angiogenesis in this study, it is thought that future analysis is necessary, but it is expected to be applied to treatments such as scar management in the future.
 
目次

 
キーワード
ヒアルロン酸  

創傷治癒  

瘢痕  

KIAA1199  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16K11380
研究分野 : 創傷治癒
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 14:20:18  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (410) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (404)
3位 新自由主義に抗す... (336)
4位 ガールクラッシュ... (294)
5位 石垣島の「エコツ... (246)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (741) 1st
2位 酢酸エステル類の... (665)
3位 インフルエンサー... (575)
4位 アルコール発酵の... (458)
5位 診療上の医師の注... (451)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース