慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K07148seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K07148seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :175.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 209

Total downloads since Oct 31, 2019 : 209
 
タイトル
タイトル 難治性胆膵悪性腫瘍に対するがんオルガノイド培養を用いた薬剤感受性検査の確立  
カナ ナンチセイ タンスイ アクセイ シュヨウ ニ タイスル ガン オルガノイド バイヨウ オ モチイタ ヤクザイ カンジュセイ ケンサ ノ カクリツ  
ローマ字 Nanchisei tansui akusei shuyō ni taisuru gan oruganoido baiyō o mochiita yakuzai kanjusei kensa no kakuritsu  
別タイトル
名前 Establishment of cancer organoid drug screening test for pancreatic ductal adenocarcinoma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岩崎, 栄典  
カナ イワサキ, エイスケ  
ローマ字 Iwasaki, Eisuke  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10366172

名前 佐藤, 俊朗  
カナ サトウ, トシロウ  
ローマ字 Satō, Toshirō  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70365245

名前 川崎, 慎太郎  
カナ カワサキ, シンタロウ  
ローマ字 Kawasaki, Shintarō  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 清野, 隆史  
カナ セイノ, タカシ  
ローマ字 Seino, Takashi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
膵臓癌は早期発見困難であり手術ではなく化学療法で治療されることが多いがその効果は限定的である。 その理由として薬剤の効果がどれくらいか投与しないと分からないことが挙げられる。 今回膵腫瘍生検検体から個々の患者から膵臓癌細胞株をオルガノイド培養法という培養方法で高率に樹立、体外培養することに成功し、実際に臨床で投与する薬剤の感受性と臨床の腫瘍縮小率を比較した。 膵癌化学療法の第一選択レジメンの治療法Aに含まれる薬剤Bが腫瘍縮小率とよく相関していることが分かり、効果予測することができることが示唆された。
Pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC) is hard to detect in early stage and one of the worst prognostic carcinoma in Japan. Although patients with advanced stage PDAC receive standardization chemotherapy, the efficiency of medication is unknown until drugs are administered to patients. Organoid culture method made us establish and culture each patient's PDAC cell line. We carried out PDAC organoid drug screening and compared the in vitro drug response and clinical tumor reduction rate. Drug B which is one of the PDAC 1st line chemotherapy regimen A was correlated well between drug susceptibility and clinical data. Organoid drug response test was indicated to estimate the clinical chemotherapy effect.
 
目次

 
キーワード
がんオルガノイド  

薬物感受性試験  

膵がん  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K07148
研究分野 : 消化器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:13:17  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:50  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (354) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (350)
3位 越境するファシズ... (342)
4位 伊藤隆太君学位請... (337)
5位 性犯罪の保護法益... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (415) 1st
2位 新参ファンと古参... (390)
3位 アイドル文化にお... (342)
4位 Instagram解析に... (338)
5位 ジャニーズのアイ... (311)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース