慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K07124seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K07124seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :209.3 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 228

Total downloads since Oct 31, 2019 : 228
 
タイトル
タイトル グリオーマ幹細胞のニッチ特性の解明とそれを標的とした治療戦略の考案  
カナ グリオーマ カンサイボウ ノ ニッチ トクセイ ノ カイメイ ト ソレ オ ヒョウテキ ト シタ チリョウ センリャク ノ コウアン  
ローマ字 Guriōma kansaibō no nitchi tokusei no kaimei to sore o hyōteki to shita chiryō senryaku no kōan  
別タイトル
名前 Characterization and targeting strategies for the glioma stem cell niche  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Sampetrean, Oltea  
カナ サンペトラ, オルテア  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50571113
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
グリオーマ幹細胞の自己複製を担保するニッチの阻害はグリオーマ幹細胞の根絶に繋がると考えられている。膠芽腫において血管性ニッチと低酸素ニッチが報告されているが、その特性は十分に解明されていない。本研究ではニッチのライブイメージングを行い、二種類のニッチ及びニッチ内の幹細胞の可視化に成功した。その結果、二つのニッチが同一腫瘍内に存在しうること、異なる時期に形成されることを見出した。さらに、二つのニッチと離れて存在し、自ら分泌する因子を介し微小環境を変える幹細胞が存在することを見出した。このようなグリオーマ幹細胞が形成する自律性ニッチの解明はニッチ療法を確立する上で不可欠であると考えられた。
Eradication of glioma stem cells (GSC) is a critical task in the treatment of glioblastoma. Inhibition of the GSC niche results in loss of self-renewal of the stem cell pool and is therefore considered a promising new treatment. For GCSs, the existence of perivascular and hypoxic niches has been reported. However, their characteristics and the conditions of their formation is still not sufficiently understood. In this study, we performed live imaging of the GSC niche and succeeded in visualizing both niches and their interaction with the GSCs. We found that the two niches can co-exist within the same tumor, but their evolution throughout the tumor formation process is variable. Interestingly, we also found a subpopulation of GSCs that does not associate with either blood vessels or hypoxic regions. These GSCs secrete factors which can alter the microenvironment and create their own niche. Further investigations of such niches will be necessary to establish anti-niche therapies.
 
目次

 
キーワード
がん幹細胞  

ニッチ  

悪性脳腫瘍  

膠芽腫  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K07124
研究分野 : 腫瘍生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:00:50  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:50  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 LONG-RUN FISH ST... (8802) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (1164)
3位 記憶の社会学・序... (1140)
4位 日本における小売... (1130)
5位 アルコール発酵の... (1056)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1177) 1st
2位 Linguistic encod... (900)
3位 アルコール発酵の... (644)
4位 右水晶と左水晶の... (498)
5位 日本における赤痢... (434)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース