慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K02656seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K02656seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :136.9 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 464

Total downloads since Oct 31, 2019 : 464
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「『経験』と『知識』に基づく文法」構築のための機能類型論的国際共同研究  
カナ 「『ケイケン』ト『チシキ』ニ モトズク ブンポウ」コウチク ノ タメ ノ キノウ ルイケイロンテキ コクサイ キョウドウ ケンキュウ  
ローマ字 "'Keiken' to 'chishiki' ni motozuku bunpō" kōchiku no tame no kinō ruikeironteki kokusai kyōdō kenkyū  
別タイトル
名前 International cooperative studies on a grammatical model based on "experience" and "knowledge" from functional-typological perspective  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田中, 愼  
カナ タナカ, シン  
ローマ字 Tanaka, Shin  
所属 慶應義塾大学・文学部 (日吉) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50236593
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は「『知識』と『経験』がどのように個別言語で言語化されているか?」について日本語、ドイツ語を中心に、国内外の研究者とともに共同研究を行うことを目的としたものである。『知識』と『経験』との関係を対照するための言語横断的な共通プラットフォームとして「単純判断」(thetic judgment) と「二重判断」(categorical judgment) というドイツ語圏で提案され日本語研究の成果と組み合わさる形で発展してきた概念に基づいて研究を進めた。具体的には「『経験』と『知識』を反映するものとしての文法形式」について、海外の共同研究者たちとともに複数のワークショップを企画催し議論を進めた。
Our research project, consisting of researchers of German linguistics in Germany and Japan, investigates how one's "experience" and "knowledge" is realized in individual languages. As a first step, to deal with such a wide-ranged problem, we decided to set a notion "thetic and categorical judgment" as a platform for the language comparison. The thetic-categorical distinction, which is firstly introduced by two German-speaking philosophers at the end of the 19th century and developed in combination with important achievements of Japanese linguistics in the second half of 20th century, can be regarded as a fundamental distinction of human judgments which has corresponding manifestations crosslinguistically. We then held some workshops on relating themes, namely, the thetic and categorical judgment as grammatical phenomena reflecting distinction of "experience" and "knowledge". The results of these workshops are now prepared to be published.
 
目次

 
キーワード
thetic judgment  

categorical judgment  

German syntax  

contrastive syntax  

particle wa finitness  

linguistic typology  

Japanese syntax  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K02656
研究分野 : ドイツ語学,言語学,統語論
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:00:46  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース