慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K01937seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K01937seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :245.0 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 471

Total downloads since Oct 31, 2019 : 471
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 新規質量分析イメージングによるパースルフィド依存性虚血再灌流障害制御機構の解明  
カナ シンキ シツリョウ ブンセキ イメージング ニ ヨル パースルフィド イゾンセイ キョケツ サイカンリュウ ショウガイ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinki shitsuryō bunseki imējingu ni yoru pāsurufido izonsei kyoketsu saikanryū shōgai seigyo kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Functional analyses of sulfur-containing amino acid-derived thiol compounds in the ischemic reperfusion disorder by MALDI MS imaging  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 菱木, 貴子  
カナ ヒシキ, タカコ  
ローマ字 Hishiki, Takako  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10338022
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
「活性含硫化合物 (分子内に-SH基あるいは-SSH基を持つ化合物) 」と虚血再灌流障害時の酸化ストレス軽減機能との関連について、質量分析技術を用いて検証を行った結果、すでにその抗酸化作用が知られている硫化水素のみならず、ホモシステイン、システイン、グルタチオン、そしてそれらの分子にさらに過剰な硫黄原子 (S) が結合したパースルフィド化合物が虚血再灌流障害の軽減に効果があることがわかった。さらに、組織中のパースルフィド化合物を「空間的情報」を保持したまま可視化する手法として新たにSERS (Surface-enhanced Raman spectroscopy) imaging法の確立に成功した。
The aim of this study is to be clarified the mechanisms that the thiol (containing -SH group) and persulfide (containing -SSH group that is one of the most powerful anti-oxidant thiol compounds) species could reduce intracellular oxidative stresses in the ischemic diseases. First, we performed measurements of the thiol and persulfide in the ischemic mice heart, suggesting that many thiol-containing metabolites play important roles to prevent from heart failure. Besides quantifications of thiol-compounds, we tried the MALDI (Matrix-Assisted Laser/Desorption Ionization) MS imaging for the visualization of the thiol and persulfide on the tissue sections. However, MALDI-MS could oxidize the thiol group easily, making us underestimate the contents of thiol compound on the tissue. Therefore, we apply another method, SERS (Surface-enhanced Raman spectroscopy) imaging technology. SERS enabled us to visualize the tissue distribution of the thiol and persulfide without labelling or staining.
 
目次

 
キーワード
活性含硫化合物  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 :  16K01937
研究分野 : 代謝生化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース