慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K01469seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K01469seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :168.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 219

Total downloads since Oct 31, 2019 : 219
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ブレイン・マシン・インターフェースがもたらす神経可塑性メカニズムの実証的研究  
カナ ブレイン・マシン・インターフェース ガ モタラス シンケイ カソセイ メカニズム ノ ジッショウテキ ケンキュウ  
ローマ字 Burein mashin intāfēsu ga motarasu shinkei kasosei mekanizumu no jisshōteki kenkyū  
別タイトル
名前 A study of neural plasticity mechanisms behind brain-machine interface control and learning  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 牛場, 潤一  
カナ ウシバ, ジュンイチ  
ローマ字 Ushiba, Jun'ichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00383985
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脳波反応から脳内制御モデルの成熟度を推定し、BMIリハによって「運動スキル獲得」が進むことを示した。また、BMIリハ中にBOLD MRIを計測し、頭頂連合野の活動性がBMI制御の成否を規定していることを見出した。一方で「報酬系を介した強化学習」の駆動は限定的と考えられた。さらに、神経筋電気刺激の特定パラメータが視床や体性感覚運動皮質の活動を賦活することを明らかにし、運動反応駆動式の神経筋電気刺激は体性感覚運動皮質におけるHebb的可塑性を誘導しうることが示された。
As the number of EEG-BMI trials was increased, the initial EEG response prior to the onset of BMI control, an analogue of motor-related cortical potentials, was gradually increased. The data suggests feedforward model of BCI control was maturated in a trial by trial manner. In parallel to such skill acquisition process, the researcher further explored alternative learning/plasticity process using f-MRI. The parietal-temporal regions were identified to determine successful BMI control, suggesting visuomotor adaptation/computation is a considerable key to facilitate BMI use. The subcortical reward systems were not activated in the current BMI setting.
Gamified BMI may promote reward-based reinforcement learning. Finally, the researcher tested what parameters of neuromuscular electrical stimulation actuates peripheral sensory nerves to send facilitatory signals to the cortex. The study revealed that wide pulse, high frequency stimulation activated thalamus and sensorimotor cortex.
 
目次

 
キーワード
ブレイン・マシン・インターフェース  

可塑性  

運動学習  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K01469
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース