慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H05083seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H05083seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :155.1 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 164

Total downloads since Oct 31, 2019 : 164
 
タイトル
タイトル 細胞治療・バイオ創薬のための高機能分離精製技術の開発  
カナ サイボウ チリョウ・バイオ ソウヤク ノ タメ ノ コウキノウ ブンリ セイセイ ギジュツ ノ カイハツ  
ローマ字 Saibō chiryō baio sōyaku no tame no kōkinō bunri seisei gijutsu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of high performance separation and purification technology for cell therapy and biopharmaceuticals  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 金澤, 秀子  
カナ カナザワ, ヒデコ  
ローマ字 Kanazawa, Hideko  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10240996

名前 綾野, 絵理  
カナ アヤノ, エリ  
ローマ字 Ayano, Eri  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10424102

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年、創薬・医療は、小分子薬からバイオ医薬品、遺伝子、細胞療法、再生医療へと変化しており、医療におけるこれらの変化に対応する新しい分離精製技術が求められている。細胞治療・再生医療の実用化には、治療に用いられるiPS 細胞や幹細胞由来の特定細胞の効率的な分離の技術の開発が不可欠であり、バイオ医薬品製造コストの削減のためにも極めて重要である。本研究では、申請者らが開発した刺激応答性高分子を用いた新しい概念の分離システムを基盤とし、治療に必要な細胞の特性を保持したまま分離する技術、選択的細胞クロマトグラフィーシステム及びバイオ創薬のための抗体医薬分離精製システムを開発した。
In recent years, the trends of drug discovery and medical care have changed, from small molecule drugs to biopharmaceuticals, genes, cell therapy, and regenerative medicine. New approaches and technologies need to be developed to respond to these changes in medical care. The development of a novel purification method for proteins, such as antibodies, under mildconditions is strongly needed. Cell separation method without modification of cell surfaces is strongly demanded for cell transplantation.
In this study, we developed temperature-responsive separation system to purify a antibody drug and cells.The prepared column would be applicable to various types of protein and cell separation applications by optimizing the properties of modified polymers. Therefore, the developed temperature-responsive column has the potential to be an effective protein and cell separation tool for biomedical applications.
 
目次

 
キーワード
機能性高分子  

HPLC  

タンパク精製  

抗体医薬品  

細胞分離  

温度応答性クロマトグラフィー  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H05083
研究分野 : 分離分析
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:02  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース