慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H04901seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H04901seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :300.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 219

Total downloads since Oct 31, 2019 : 219
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸内細菌が有する腸内環境定着因子の網羅的解析  
カナ チョウナイ サイキン ガ ユウスル チョウナイ カンキョウ テイチャク インシ ノ モウラテキ カイセキ  
ローマ字 Chōnai saikin ga yūsuru chōnai kankyō teichaku inshi no mōrateki kaiseki  
別タイトル
名前 Comprehensive analysis of intestinal colonization factors derived from gut microbes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福田, 真嗣  
カナ フクダ, シンジ  
ローマ字 Fukuda, Shinji  
所属 慶應義塾大学・政策・メディア研究科 (藤沢) ・特任教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80435677

名前 宮内, 栄治  
カナ ミヤウチ, エイジ  
ローマ字 Miyauchi, Eiji  
所属 理化学研究所・統合生命医科学研究センター・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60634706

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ヒトの腸管内には多種多様な腸内細菌が生息しており、それらが宿主腸管細胞と密接に相互作用することで、複雑な腸内微生物社会が形成されている。しかし、この複雑で洗練された腸内微生物社会がどのようなメカニズムで形成・維持されているのかの詳細については不明な点が数多く残されている。そこで本研究では、大腸菌をモデル細菌として用い、無菌マウスや超並列シーケンサー、質量分析計といったツールを駆使することで、腸内細菌がどのように腸内に定着し、腸内微生物社会を形成するのかそのメカニズムについて解析を行った。その結果、腸内ミニマム生態系における初期状態を示す腸内変動のダイナミズムの一端を明らかにすることができた。
The gut microbiota form a highly complex ecological community together with host intestinal cells. The so-called gut ecosystem has a profound influence on human physiology, immunology, and nutrition. It has been reported that imbalance in the structure of gut ecosystem could be a risk factor in human disorders including not merely gut-associated diseases but also systemic disorders. However, the molecular mechanisms of the formation of complex intestinal microbial community remain obscure. To this end, we firstly established a highly integrated metagenomic and metabolomic approaches, metabologenomics, and found that the interaction between host-derived IgA and number of colonized bacteria are important to form initial state of gut ecosystem, indicating that host-microbial crosstalk is one of the key systems to form complex microbial community in gut.
 
目次

 
キーワード
腸内細菌  

代謝物質  

メタゲノム  

メタボローム  

メタボロゲノミクス  

相互作用  

微生物社会  

定着  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H04901
研究分野 : 腸内環境制御学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:02  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース