慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K20225seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K20225seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :496.1 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 213

Total downloads since Aug 2, 2019 : 213
 
タイトル
タイトル 頭頸部癌におけるCOX-2発現解析と抗癌剤耐性メカニズムの解明  
カナ トウケイブガン ニ オケル COX-2 ハツゲン カイセキ ト コウガンザイ タイセイ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Tōkeibugan ni okeru COX-2 hatsugen kaiseki to kōganzai taisei mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Analysis of COX-2 expression and elucidation of anticancer drug resistance mechanism in head and neck cancers  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡部, 佳弘  
カナ ワタナベ, ヨシヒロ  
ローマ字 Watanabe, Yoshihiro  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445374

名前 今西, 順久  
カナ イマニシ, ヨリヒサ  
ローマ字 Imanishi, Yorihisa  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師(非常勤)  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80255538

名前 小澤, 宏之  
カナ オザワ, ヒロユキ  
ローマ字 Ozawa, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30327621

名前 関水, 真理子  
カナ セキミズ, マリコ  
ローマ字 Sekimizu, Mariko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 猪狩, 雄一  
カナ イカリ, ユウイチ  
ローマ字 Ikari, Yuichi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 斎藤, 真  
カナ サイトウ, シン  
ローマ字 Saito, Shin  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
咽頭癌細胞株に対してCOX2阻害剤とEP2阻害剤によりCDH1発現が増加した。免疫蛍光染色ではE-cadherinの膜発現も増強した。migration assayでは咽頭癌細胞抑制効果を示した。これらの薬剤は癌の転移抑制効果が期待される。咽頭癌経口的切除組織のCOX2とE-cadherinの免疫染色も行った。その結果と臨床データから, 多変量解析を行い, COX2発現行進とE-cadherin発現低下は頸部リンパ節転移の独立規定因子であることを示した。咽頭平上皮癌の頸部リンパ節転移は, COX2発現亢進とE-cadherinの発現低下が深く関与していることが示唆された。
Expression of CDH1 was increased by the COX 2 inhibitor and the EP 2 inhibitor on the pharyngeal cancer cell line. Immunofluorescent staining also enhanced membrane expression of E-cadherin. The migration assay showed pharyngeal cancer cell inhibitory effect. These agents are expected to have metastasis inhibitory effects on cancer. Immunohistochemical staining of COX 2 and E-cadherin in oral excised tissues of laryngeal carcinoma was also performed.
Multivariate analysis was carried out based on the results and clinical data, and it was shown that COX2 expression march and E-cadherin expression decrease are independent regulators of cervical lymph node metastasis. It was suggested that cervical lymph node metastasis of pharyngeal epithelial carcinoma is deeply involved in COX2 expression upregulation and E-cadherin expression decrease.
 
目次

 
キーワード
咽頭癌  

頭頸部癌  

TOVS  

ELPS  

COX2  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K20225
研究分野 : 頭頸部癌
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 10:26:41  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 2, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 巻,上位タイトル 号,上位タイトル 年,上位タイトル 月,上位タイトル 開始ページ,上位タイトル 終了ページ,ISSN,ISBN,DOI,URI,JaLCDOI,NII論文ID,医中誌ID,その他ID,博士論文情報 学位授与番号,博士論文情報 学位授与年月日,博士論文情報 学位名,博士論文情報 学位授与機関,抄録 内容,キーワード,NDC,注記,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース