慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K10492seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K10492seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :83.6 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 507

Total downloads since Aug 2, 2019 : 507
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル メカニカルストレス誘発性変形性関節症におけるIL-1、TLRシグナルの重要性  
カナ メカニカル ストレス ユウハツセイ ヘンケイセイ カンセツショウ ニ オケル IL-1, TLR シグナル ノ ジュウヨウセイ  
ローマ字 Mekanikaru sutoresu yūhatsusei henkeisei kansetsushō ni okeru IL-1, TLR shigunaru no jūyōsei  
別タイトル
名前 IL-1 and TLR signals play an important role in mechanical stress-induced osteoarthritis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 二木, 康夫  
カナ ニキ, ヤスオ  
ローマ字 Niki, Yasuo  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10276298

名前 福原, 悠介  
カナ フクハラ, ユウスケ  
ローマ字 Fukuhara, Yusuke  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60594645

名前 宇田川, 和彦  
カナ ウダガワ, カズヒコ  
ローマ字 Udagawa, Kazuhiko  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70528364
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ATDC5細胞をAlginate beads培養し, 軟骨化したATDC5とコラーゲンスキャフォールド使用した三次元軟骨モデルを作成した。微量のIL-1βを添加しメカニカルストレスを加えると, ADAMTS4, IL-1RのmRNAの発現が有意に上昇し, それらはTRPV4により調節されていた。軟骨細胞表面のIL-1Rの発現が圧縮力学ストレスにより刺激され, 続いて起こるIL-1感受性の増大がOAの病因に影響していると考えられた。またTRPV4はIL-1感受性を調整し, OAの進行を抑制するための重要なmechanosensorの一つとして機能していると考えられた。
We made a three-dimensional cartilage construct. ATDC5 cells were cultured in alginate beads and seeded within collagen scaffold. Cyclic compressive loading was applied to the cartilage constructs using a cyclic load bioreactor. The mRNA levels of ADAMTS4 and IL-1R1 were substantially increased by the excessive compressive stress. Compressive stress plus subtle level of IL-1β upregulated ADAMTS4 and IL-1R1 expressions. TRPV4 regulated ADAMTS4 and IL-1R1 mRNA levels by cyclic compressive stress. The expression of the IL-1R1 on the surface of chondrocytes would be stimulated by compressive mechanical stress, and subsequent increment of IL-1 susceptibility would be implicated in the OA pathology. TRPV4 channel regulation is one of the most important mechanosensor that controls IL-1 susceptibility and prevents development of OA.
 
目次

 
キーワード
メカニカルストレス  

三次元軟骨モデル  

IL-1  

TRPV4  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K10492
研究分野 : 整形外科, 膝関節, 関節リウマチ
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 15:23:18  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 2, 2019    版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 更新日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 号,上位タイトル 年 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (313) 1st
2位 個人・組織両面で... (311)
3位 DAOの法的地位と... (279)
4位 新自由主義に抗す... (277)
5位 「余白的コミュニ... (251)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (741) 1st
2位 大義ある未来 : ... (443)
3位 楽天とアマゾンの... (386)
4位 江藤名保子君学位... (336)
5位 戦時期マラヤ・シ... (321)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース