慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K09783seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K09783seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :244.2 KB
Last updated :Sep 2, 2019
Downloads : 406

Total downloads since Sep 2, 2019 : 406
 
タイトル
タイトル 悪性黒色腫の免疫療法耐性細胞分画のマーカー探索、及び耐性機序の解明と克服法の開発  
カナ アクセイ コクショクシュ ノ メンエキ リョウホウ タイセイ サイボウ ブンカク ノ マーカー タンサク, オヨビ タイセイ キジョ ノ カイメイ ト コクフクホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Akusei kokushokushu no meneki ryōhō taisei saibō bunkaku no mākā tansaku, oyobi taisei kijo no kaimei to kokufukuhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Identification of the sub-population in human malignant melanoma showing strong resistance to tumor specific cytotoxic T cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 谷口, 智憲  
カナ ヤグチ, トモノリ  
ローマ字 Yaguchi, Tomonori  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40424163

名前 河上, 裕  
カナ カワカミ, ユタカ  
ローマ字 Kawakami, Yutaka  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50161287

名前 猪爪, 隆史  
カナ イノズメ, タカシ  
ローマ字 Inozume, Takashi  
所属 山梨大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80334853
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
悪性黒色腫は, 免疫療法が標準治療法の一つとして認められつつある。しかし, 治療不応例も多数存在し, 効く症例を見分けられるマーカー, 及び治療不応の分子機序の解明と克服法の開発が課題である。本研究では, 悪性黒色腫において, 免疫抑制を誘導して免疫療法耐性となる細胞分画を定義できるマーカーの同定を試みた。その結果, 抗腫瘍T細胞に対して耐性となる細胞集団を定義できる3つの細胞表面マーカーを同定し, さらにそのうちの一つのマーカーに関して, 抗腫瘍T細胞耐性の原因となる遺伝子を一つ, マイクロアレイによる網羅的遺伝子解析で同定した。これらの分子は, 治療標的や, 治療マーカーとなる可能性が示唆された。
Although cancer immunotherapies have become one of the major treatment for malignant melanoma (MM), only 20-30% of patients can show objective clinical responses. 
Unresponsiveness to immunotherapies may be mediated by numerous immunosuppressive mechanisms that inhibit anti-tumor T-cell responses. Thus, combined therapies that can reverse immunosuppression in non-responders and identification of biomarkers for responders are urgently needed. In this study, we have identified three cell surface markers which could define particular subpopulation showing resistance to tumor antigen specific cytotoxic T cells. Moreover, by cDNA microarray analysis, we also identified the one responsible gene that directly caused this resistance. These results indicate that these cell surface markers and the gene may be potential biomarkers for the prediction of responders for immunotherapies and could be used as attractive therapeutic targets in MM.
 
目次

 
キーワード
悪性黒色腫  

免疫療法  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K09783
研究分野 : 腫瘍免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 02, 2019 09:16:03  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Sep 2, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 号,上位タイトル 年 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース