慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K09726seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K09726seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :761.8 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 499

Total downloads since Nov 12, 2018 : 499
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 早産によるネフロン形成早期終止におけるHIFの役割解明と治療の試み  
カナ ソウザン ニ ヨル ネフロン ケイセイ ソウキ シュウシ ニ オケル HIF ノ ヤクワリ カイメイ ト チリョウ ノ ココロミ  
ローマ字 Sōzan ni yoru nefuron keisei sōki shūshi ni okeru HIF no yakuwari kaimei to chiryō no kokoromi  
別タイトル
名前 Analysis of the role of HIF in early termination of nephrogenesis due to prematurity and development of treatment.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 飛彈, 麻里子  
カナ ヒダ, マリコ  
ローマ字 Hida, Mariko  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20276306

名前 粟津, 緑  
カナ アワズ, ミドリ  
ローマ字 Awazu, Midori  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20129315
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は, 早産児におけるネフロン数の減少の発生機序の解明である。早産児は子宮外での相対的高酸素に暴露されることから, hypoxia inducible factor(HIF)の発現・活性低下がネフロン形成早期停止に影響するという仮説を立てた。低酸素環境下で飼育した新生児マウスのネフロン形成とHIF発現, 活性の比較検討を予定したが検証に値する期間の飼育は困難であった。早産モデルマウスの飼育も困難で, ネフロン形成早期停止が示唆された個体もあったが, 全体として有意差は出なかった。生きながらえても全身状態不良で, HIFの発現・活性以外の因子の影響が強いと判断し, 十分な結果を得られなかった。
We have been analyzing the mechanism of early termination of nephrogenesis in preterm infants. Since a neonate is exposed to higher level of oxygen than in utero, we had hypothesized that the change in expression and activity of hypoxia inducible factor (HIF) would influence on maintenance of nephron progenitor cells, vasculisation, and nephrogenesis. We planned to create preterm model mice and to raise them under hypoxic condition. We had examined the expression and activity of HIF in those model mice. Unfortunately to create preterm mice had been quite difficult. We have succeeded to create one-day-preterm mice, which pathological study suggested that nephrogenesis may terminate earlier than term mice, but we could not raise enough number of model mice for examination. To raise mice under hypoxic condition was also quite difficult. Since they were quite sick under hypoxic condition, we could not make enough assessment. We need to analyze in vitro with organ culture specimens.
 
目次

 
キーワード
糸球体減少  

早産児  

低酸素環境  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K09726
研究分野 : 小児科, 新生児・胎児
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:20  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース