慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K09459seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K09459seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :178.6 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 609

Total downloads since Nov 12, 2018 : 609
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 炎症性疾患におけるImmunothrombosisの制御異常と新たな治療法の開発  
カナ エンショウセイ シッカン ニ オケル Immunothrombosis ノ セイギョ イジョウ ト アラタナ チリョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Enshōsei shikkan ni okeru Immunothrombosis no seigyo ijō to aratana chiryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Investigation of dysregulated immunothrombosis in inflammatory diseases and development of a new therapeutic tool.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 平橋, 淳一  
カナ ヒラハシ, ジュンイチ  
ローマ字 Hirahashi, Junichi  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70296573
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ヒストンは損傷した宿主細胞から放出され, 炎症に伴う血栓症を惹起する。血小板の活性化はヒストン誘発性血栓症の原因であるが, 好中球依存性メカニズムは未知である。好中球除去およびMac-1欠損は, ヒストンによる肺血栓塞栓症の発症を抑制しマウスの生存を延長した。我々は血漿の存在下で血小板・好中球相互作用によって誘導される血漿凝固産物を推定する濁度測定技術を利用した。ヒストンは, 好中球Mac-1を直接活性化しMac-1依存的に血漿凝塊の産生を増大させ血小板・好中球複合体形成を増強した。これらのデータは, ヒストンが好中球-血小板相互作用を介してMac-1依存性の血栓塞栓症を誘導することを示している。
Histones are released from damaged host cells and act as mediators of inflammation-related thrombosis. Platelet activation and aggregation is responsible for histone-induced thrombosis, but neutrophil-dependent mechanisms are still unclear. Immunodepletion of neutrophils and genetic ablation of Mac-1 protected mice from histone-induced pulmonary thromboembolism and prolonged survival. We utilized turbidimetric technic which estimates plasma clot production induced by interaction between human platelets and neutrophils in the presence of plasma in vitro. Histones augmented the plasma clot production in Mac-1-dependent manner and enhanced platelet-neutrophil complex formation which is inhibited by anti-Mac-1 antibody.
Furthermore histones could directly activate Mac-1 besides through platelets . In conclusion, histones induces Mac-1-dependent thromboembolism through neutrophil-platelet interaction, which is a new therapeutic target for inflammation-induced thrombosis.
 
目次

 
キーワード
ヒストン  

好中球  

血小板  

Mac-1  

CD40L  

PSGL-1  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K09459
研究分野 : 炎症と血栓
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:20  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース