慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K03549seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K03549seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :85.1 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 354

Total downloads since Nov 12, 2018 : 354
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 量的緩和政策と金融市場  
カナ リョウテキ カンワ セイサク ト キンユウ シジョウ  
ローマ字 Ryōteki kanwa seisaku to kinyū shijō  
別タイトル
名前 Quantitative easing and financial markets  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 和田, 賢治  
カナ ワダ, ケンジ  
ローマ字 Wada, Kenji  
所属 慶應義塾大学・商学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30317325

名前 Basu, Parantap  
カナ  
ローマ字  
所属 Durham University, Business School, Professor  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
当研究では, 家計, 3種類の企業, 金融機関, 中央銀行, 政府が存在する中規模の動的・確率的一般均衡モデルを構築し, 日本銀行の様々な金融政策が実体経済及び債券市場に与える影響の分析を行った。理論的貢献は, 債券を割引債ではなくクーポン債としてモデル化した事, 日本銀行と金融機関の予算制約式を, 債券の売買を通して明示的に結びつけた事, 日本銀行と政府を, 仮想的な配当を通して明示的に結びつけた事, 近年の日本銀行のイールドカーブコントロール政策まで含めて分析した事である。実証的貢献は, 伝統的金利政策, 量的緩和政策に加え, 超過準備金への金利政策の影響まで考察し分散分解及びインパルス反応関数分析を行った事である。
In this project I have constructed a medium scale DSGE model that considers the behavior of households, three types of firms, financial institutions, the central bank and the government. The theoretical contributions of this project is to 1) model government bond explicitly as a coupon bond, 2) link the budget constraint of the central bank and financial institutions through the government bond, 3) link the budget constraint of the central bank and the government through the hypothetical dividend between them and 4) analyze the effect of monetary policies of Bank of Japan including the recent yield curve control. The empirical contribution of this project is to analyze the effect of not only the traditional Taylor rule type interest rate policy and quantitative easing policy but also the recent interest rate on excess reserve policy on real economy and bond markets through the variance decomposition and impulse response analysis.
 
目次

 
キーワード
日本銀行  

国債イールド  

量的質的緩和  

マイナス金利  

イールドカーブコントロール  

DSGE  

インパルス反応関数  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K03549
研究分野 : 経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:16  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:16  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース