慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K03524seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K03524seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.2 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 240

Total downloads since Oct 31, 2019 : 240
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 医薬品研究開発の再構築 : 価格規制、R&Dマネジメント、プロジェクト評価、資金調達  
カナ イヤクヒン ケンキュウ カイハツ ノ サイコウチク : カカク キセイ、R&D マネジメント、プロジェクト ヒョウカ、シキン チョウタツ  
ローマ字 Iyakuhin kenkyū kaihatsu no saikōchiku : kakaku kisei, R&D manejimento, purojekuto hyōka, shikin chōtatsu  
別タイトル
名前 Reconstruction of pharmaceutical R&D : price control, R&D management, project evaluation, finance  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 姉川, 知史  
カナ アネガワ, トモフミ  
ローマ字 Anegawa, Tomofumi  
所属 慶應義塾大学・経営管理研究科 (日吉) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80159417
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
世界の医薬品承認の1983-2018年データを作成し、国別、薬効別、時期別の研究開発動向を分析した。これによって医薬品研究開発数の長期的減少が、新技術によって逆転する傾向を示した。さらに日本市場における抗生剤、血圧降下剤の双方をサンプルとして使用した実証研究を行った。これによって、公定薬価と納入価格の差である薬価差が、医薬品需要に大きく影響してきたこと示された。これらを踏まえて、医薬品研究のR&Dマネジメントについて検討し、新技術を活用した医薬品開発とそのモデルが世界において本格化していること、日本はこれについて遅れ、新しいR&Dマネジメントならびに価格規制のあり方が必要なことを示した。
Using drug approval data between 1982-2018, this study investigates how pharmaceutical products have been introduced worldwide with research and development activities. Depressed drug approval in the early 2000s has been turned around thanks to new drug technologies. Also relying on transaction data on anti-infective and cardio-vascular drugs in Japan, I investigate a relationship between demand and prices. I find that price differences (official price for national health insurance reimbursement purpose and whole sale price applied to hospitals/pharmacies) has the persistently significant impact on demand. Based on these results, I study how R&D management should be transformed in advanced countries and lags behind in Japan.
Accordingly, I discuss how Japan should implement R&D management.
 
目次

 
キーワード
医薬品  

承認  

研究開発  

需要  

価格  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15K03524
研究分野 : 経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:00:55  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース