慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K03270seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K03270seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :224.3 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 2040

Total downloads since Mar 5, 2021 : 2040
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 世界から見た日本政治 : 政党公約の国際比較・時系列比較分析  
カナ セカイ カラ ミタ ニホン セイジ : セイトウ コウヤク ノ コクサイ ヒカク・ジケイレツ ヒカク ブンセキ  
ローマ字 Sekai kara mita Nihon seiji : seitō kōyaku no kokusai hikaku jikeiretsu hikaku bunseki  
別タイトル
名前 Japanese politics from a global perspective : an international and time-series analysis of party manifestoes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 谷口, 尚子  
カナ タニグチ, ナオコ  
ローマ字 Taniguchi, Naoko  
所属 慶應義塾大学・システムデザイン・マネジメント研究科 (日吉) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50307203
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は政党の選挙公約の時系列・各国比較を可能にする国際的手法を用いて、1960年以降の総選挙における日本の政党公約データを完成させた。分析の結果、日本では主要政党全体が右に移動し、保守政党の経済自由主義化と革新政党の政治的穏健化が見られたが、英米独の二大政党間対立と比較すれば、日本の与野党対立は中道右派と左派の対立だった。小選挙区比例代表並立制導入後は、政権獲得を目指す最大与野党間の政策差が縮小し、より普遍的な政策主張が増えた。さらに選挙公約データと各党得票率を使ってOECD諸国の「中位投票者」の位置を推定すると、極右政党の台頭が見られる欧州では、それに先立って有権者の右傾化が起きていた。
In this study, we have completed the data of party manifestoes in the Japanese general elections since 1960 based on the international method that enables the time series and comparative analyses. The results show that the major parties of Japan have moved to the right, with conservative parties becoming more economically liberal and radical parties becoming more politically moderate, but compared to the two major parties in the UK, the US, and Germany, the largest ruling and opposition parties in Japan have competed as the center-right and the left parties. After the introduction of the new electoral system, the policy distance between the largest ruling and opposition parties seeking power has narrowed and they came to appeal more universal policies. Analyzing the manifestoes and the vote share of each party to estimate the positions of the "Median Voter" in OECD countries, we find that the rise of far-right parties in Europe has been preceded by rightward tilts of the electorates.
 
目次

 
キーワード
政党の選挙公約の計量分析  

MRG/CMP  

政党政治  

左右イデオロギー対立  

国際政治比較  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般) 
研究期間 : 2015~2019
課題番号 : 15K03270
研究分野 : 政治学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:08  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース