慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K01806seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K01806seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :175.8 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 402

Total downloads since Nov 12, 2018 : 402
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 難合成糖鎖受容体を分子模倣した修飾ペプチドの活性機構解明  
カナ ナンゴウセイ トウサ ジュヨウタイ オ ブンシ モホウシタ シュウショク ペプチド ノ カッセイ キコウ カイメイ  
ローマ字 Nangōsei tōsa juyōtai o bunshi mohōshita shūshoku pepuchido no kassei kikō kaimei  
別タイトル
名前 Inhibition mechanism of modified peptide ligands that mimic complicated sugar receptors  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松原, 輝彦  
カナ マツバラ, テルヒコ  
ローマ字 Matsubara, Teruhiko  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10325251

名前 藤原, 由梨奈  
カナ フジワラ, ユリナ  
ローマ字 Fujiwara, Yurina  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
天然リガンドの代わりに認識される分子を合理設計するため, インフルエンザウイルスのヘマグルチニン(HA)を標的としたペプチドの相互作用解析を行った。糖鎖受容体の代わりに認識されて感染阻害を行う糖修飾ペプチドのHAおよび感染細胞との相互作用解析を行った。糖修飾ペプチドは設計通りHAの糖鎖結合受容体に結合することがわかったが, ペプチド共存下で細胞のエンドサイトーシスを抑制させても感染が抑制されず, HAとの相互作用が感染阻害活性に直接関わっていないことが示唆された。これらの結果は, 糖修飾ペプチドが細胞内での膜融合を阻害している可能性を示し, 新規な阻害機構を有するペプチドリガンドとして期待出来る。
Toward design of artificial peptide ligands by de novo, the interaction between hemagglutinin (HA) and peptides that bind to HA of influenza virus were investigated. Sugar-modified peptide showed the binding to the sugar receptor-binding site, but the peptide could not inhibit endocytosis induced by viral infection. This result suggests that the peptide is not directly inhibited the initial attachment of virus to sugar receptor on cell surface. Several analyses indicate that the sugar-modified peptide has a potential to inhibit membrane fusion after endocytosis. This kind of peptide with inhibition of membrane fusion is an unique activity, suggesting that it is useful for designing of peptide ligands with novel mechanism of inhibition for viral infection.
 
目次

 
キーワード
ペプチド  

インフルエンザ  

ウイルス感染  

感染阻害機構  

相互作用解析  

糖鎖認識  

計算機シミュレーション  

ライブラリー  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K01806
研究分野 : 生体分子科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:15  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (502) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (392)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (379)
4位 認知文法から考え... (362)
5位 M&Aにおける... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (360)
4位 新自由主義に抗す... (264)
5位 日本における美容... (248)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース