慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K00883seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K00883seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :401.0 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 267

Total downloads since Nov 12, 2018 : 267
 
タイトル
タイトル コーヒー摂取による生活習慣病予防効果の分子基盤の解明  
カナ コーヒー セッシュ ニ ヨル セイカツ シュウカンビョウ ヨボウ コウカ ノ ブンシ キバン ノ カイメイ  
ローマ字 Kōhī sesshu ni yoru seikatsu shūkanbyō yobō kōka no bunshi kiban no kaimei  
別タイトル
名前 Investigation of molecular basis of preventive effects of coffee consumption on lifestyle-related diseases.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田村, 悦臣  
カナ タムラ, ヒロオミ  
ローマ字 Tamura, Hiroomi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50201629

名前 多胡, めぐみ  
カナ タゴ, メグミ  
ローマ字 Tago, Megumi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445192
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
習慣的なコーヒー摂取が, 肥満や炎症に関連して生じる生活習慣病の発症リスクを低下させる可能性が報告されている。我々は, 前駆脂肪細胞3T3-L1を用いて, コーヒー豆焙煎成分がインスリンシグナル経路のアダプター分子IRS1の分解を促進することにより, 肥満の要因である脂肪細胞の分化を抑制することを見出した。また, コーヒーの抗炎症効果に関して, コーヒー豆焙煎成分がLPS誘発マウスマクロファージ細胞の炎症反応を抑制することを見出し, その効果は, Keap1の不活性化による転写因子Nrf2の活性化によることを見出した。以上の結果は, コーヒーの喫飲による生活習慣病予防効果の分子論的解明につながる。
It has been reported that habitual coffee intake reduces the risk of developing lifestyle-related diseases associated with obesity and inflammation. We found that the coffee bean roasting ingredient suppresses the differentiation of adipocytes, a risk factor of obesity, by promoting the degradation of the adapter molecule IRS1 of the insulin signaling pathway, using the preadipocyte 3T3-L1. Regarding the anti-inflammatory effect of coffee, we found that the coffee bean roasting ingredient suppresses the inflammatory response of LPS-induced mouse macrophage cells, and the effect was due to the activation of the transcription factor Nrf2 by promoting the degradation of Keap1. The above results lead to the elucidation of the effect of prevention of lifestyle diseases caused by drinking of coffee on the molecular bases.
 
目次

 
キーワード
コーヒー  

生活習慣病  

予防薬学  

糖尿病  

抗炎症  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K00883
研究分野 : 食品衛生化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:14  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース