慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H06589seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H06589seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :169.8 KB
Last updated :Aug 1, 2019
Downloads : 792

Total downloads since Aug 1, 2019 : 792
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸上皮と上皮間リンパ球の相互作用に基づく粘膜上皮層免疫システムの成立機構の解析  
カナ チョウ ジョウヒ ト ジョウヒカン リンパキュウ ノ ソウゴ サヨウ ニ モトズク ネンマク ジョウヒソウ メンエキ システム ノ セイリツ キコウ ノ カイセキ  
ローマ字 Cho johi to johikan rinpakyu no sogo sayo ni motozuku nenmaku johiso meneki shisutemu no seiritsu kiko no kaiseki  
別タイトル
名前 Study of IEC-IEL interaction in the development of gut epithelial immune system.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 大輔  
カナ タカハシ, ダイスケ  
ローマ字 Takahashi, Daisuke  
所属 慶應義塾大学・薬学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40612130

名前 Kronenberg, Mitch  
カナ  
ローマ字  
所属 La Jolla Institute for Allergy & Immunology・Division of Developmental Immunology・President & Chief Scientific  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 Seo, Goo-young  
カナ  
ローマ字  
所属 La Jolla Institute for Allergy & Immunology・Division of Developmental Immunology・Postdoctoral fellow  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
上皮細胞に選択的に発現する膜タンパク質輸送因子AP-1Bに着目し, 膜タンパク質輸送を介した腸上皮細胞による上皮細胞間Tリンパ球(IEL)への影響を解析した。タモキシフェン投与により上皮細胞特異的に後天的にAP-1Bを欠損させるマウスを作成し, IELの数と性状を解析したところ, CD8aa陽性のIEL数が1/10程度まで減少していた。また細胞の生存に関わることで知られるBclファミリー分子の発現が増強は増強していた。さらにAP-1Bを欠損マウスから腸上皮細胞のオルガノイドを作成し, 単層培養法を確立した。将来的にIELとの共培養による上皮細胞の性質解析に大きく寄与すると考えられる。
Ap1m2 is predominantly expressed by intestinal epithelial cells (IECs) and functions in the polarized transport of membrane proteins to the basolateral membrane of IECs. We have found the lack of CD8aa expressing intestinal intraepithelial lymphocytes (IELs) in Villin-creERT2 Ap1m2 flox/flox mice when treated with tamoxifen. CD8aa IELs of the IEC specific Ap1m2-deficient mice showed higher levels of Bcl-2 and Bcl-xL expression compared to control littermate mice. These cells also exhibited higher proliferations. These data suggest that protein localization of basolateral membrane on IEC is indispensable for CD8aa IELs numbers and phenotypes. We have established a monolayer culture method with crypts isolated from Villin-creERT2 Ap1m2 flox/flox mice. This monolayer formed tight junctions, and contains both apical and basolateral membrane domains, which is the important characteristic of polarized epithelial cells.
 
目次

 
キーワード
上皮細胞  

上皮細胞間Tリンパ球  
NDC
 
注記
研究種目 : 研究活動スタート支援
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15H06589
研究分野 : 粘膜免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 01, 2019 14:37:31  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 1, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース