慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KAKEN_15H04232seika  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KAKEN_15H04232seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :279.1 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 288

Total downloads since Jul 30, 2019 : 288
 
Release Date
 
Title
Title 核融合周辺プラズマの運動論的モデリングとデタッチメントプラズマの動的特性の解明  
Kana カク ユウゴウ シュウヘン プラズマ ノ ウンドウロンテキ モデリング ト デタッチメント プラズマ ノ ドウテキ トクセイ ノ カイメイ  
Romanization Kaku yūgō shūhen purazuma no undōronteki moderingu to detatchimento purazuma no dōteki tokusei no kaimei  
Other Title
Title Kinetic modeling of fusion edge plasma and dynamic characteristics of detachment plasmas  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 畑山, 明聖  
Kana ハタヤマ, アキヨシ  
Romanization Hatayama, Akiyoshi  
Affiliation 慶應義塾大学・理工学部・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link 科研費研究者番号 : 10245607

Name 宮本, 賢治  
Kana ミヤモト, ケンジ  
Romanization Miyamoto, Kenji  
Affiliation 鳴門教育大学・大学院学校教育研究科・准教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 00532996

Name 林, 伸彦  
Kana ハヤシ, ノブヒコ  
Romanization Hayashi, Nobuhiko  
Affiliation 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構・那珂核融合研究所・先進プラズマ研究部・グループリーダー  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 10354573

Name 星野, 一生  
Kana ホシノ, カズオ  
Romanization Hoshino, Kazuo  
Affiliation 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構・那珂核融合研究所・先進プラズマ研究部・主幹研究員  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 50513222

Name 深野, あづさ  
Kana フカノ, アズサ  
Romanization Fukano, Azusa  
Affiliation 東京都立産業技術高等専門学校・ものづくり工学科・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 90259838

Name 澤田, 圭司  
Kana サワダ, ケイジ  
Romanization Sawada, Keiji  
Affiliation 信州大学・工学部・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 40262688

Name 津守, 克嘉  
Kana ツモリ, カツヨシ  
Romanization Tsumori, Katsuyoshi  
Affiliation 大学共同利用機関法人・自然科学研究機構核融合科学研究所・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 50236949

Name 小島, 有志  
Kana コジマ, アツシ  
Romanization Kojima, Atsushi  
Affiliation 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構・那珂核融合研究所・研究副主幹  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 50446449

Name 村上, 泉  
Kana ムラカミ, イズミ  
Romanization Murakami, Izumi  
Affiliation 大学共同利用機関法人・自然科学研究機構核融合科学研究所・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 30290919

Name 中村, 浩章  
Kana ナカムラ, ヒロアキ  
Romanization Nakamura, Hiroaki  
Affiliation 大学共同利用機関法人・自然科学研究機構核融合科学研究所・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 30311210

Name 中嶋, 洋輔  
Kana ナカシマ, ヨウスケ  
Romanization Nakashima, Yosuke  
Affiliation 筑波大学・数理物質系・物理学域プラズマ研究センター・センター長 教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link 科研費研究者番号 : 00188939

Name Lettry, Jacques  
Kana レトリー, ジャッキー  
Romanization  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link  
Edition
 
Place
 
Publisher
Name  
Kana  
Romanization  
Date
Issued (from:yyyy) 2018  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 科学研究費補助金研究成果報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2017  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本研究では核融合周辺プラズマを対象として新しい運動論的数値シミュレーションモデルの構築を試みた。とくにELM(Edge Localized Mode)時の電子エネルギー分布関数の非平衡性・非定常性を考慮し, デタッチメントプラズマおよび水素原子・分子反応過程の動的モデリングを行った。ELM時には, 分子活性化再結合(MAR)に重要な振動励起分子の生成が効果的に行われ, その結果, ELM通過後, MARの反応レート増大の可能性が示された。また, ELM前後ではコアプラズマ周辺部に急峻な密度・温度勾配が存在し, 新古典輸送効果が重要となる。この効果を考慮した新しい運動論的不純物輸送モデルの開発にも成功した。
The final goal of this study is to develop a new kinetic simulation tool of plasmas, neutrals, and impurities in fusion edge plasmas. Taking into account the non-equilibrium and non-steady characteristics of electron energy distribution function (EEDF), we have done a dynamic simulation of the ELM (Edge Localized Mode). The effect of the ELM on the plasma detachment has been studied. Especially. the effects of the ELM on the MAR (Molecular Activated Recombination) has been analyzed. The results show that the vibrational excited molecules, which play a key for MAR, are effectively produced during the ELM heat pulse. Due to this enhancement, MAR rate is possibly enhanced after the ELM pulse. In addition, a new kinetic impurity transport model has been successfully developed. The model includes neo-classical transport effects of impurities, which becomes important under the steep density/temperature gradient in the core pedestal region before and after the ELM pulse.
 
Table of contents

 
Keyword
核癒合周辺プラズマ  

ダイバータ  

デッタチメントプラズマ  

粒子シミュレーション  

ELM  

分子活性化再結合  
NDC
 
Note
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15H04232
研究分野 : プラズマ物理
 
Language
日本語  

英語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Jul 30, 2019 12:54:35  
Creation date
Nov 12, 2018 15:23:57  
Registerd by
mediacenter
 
History
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Jul 30, 2019    版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 更新日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 巻,上位タイトル 号,上位タイトル 年,上位タイトル 月,上位タイトル 開始ページ,上位タイトル 終了ページ,ISSN,ISBN,DOI,URI,JaLCDOI,NII論文ID,医中誌ID,その他ID,博士論文情報 学位授与番号,博士論文情報 学位授与年月日,博士論文情報 学位名,博士論文情報 学位授与機関,抄録 内容,目次,キーワード,NDC,注記,言語,資源タイプ,ジャンル,著者版フラグ,本文URI URI,アクセス条件 を変更
 
Index
/ Public / Grants-in-Aid for Scientific Research / Fiscal year 2017 / Japan Society for the Promotion of Science
 
Related to