慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H02223seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H02223seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :462.1 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 105

Total downloads since Mar 5, 2021 : 105
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ハイブリット非線形光学イメージング法による気液熱流動界面の分子選択的輸送現象解明  
カナ ハイブリット ヒセンケイ コウガク イメージングホウ ニ ヨル キエキ ネツ リュウドウ カイメン ノ ブンシ センタクテキ ユソウ ゲンショウ カイメイ  
ローマ字 Haiburitto hisenkei kōgaku imējinguhō ni yoru kieki netsu ryūdō kaimen no bunshi sentakuteki yusō genshō kaimei  
別タイトル
名前 On investigation of molecules selective transport at thermos-fluid gas-liquid interface by hybrid nonlinear optical imaging technique  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 洋平  
カナ サトウ, ヨウヘイ  
ローマ字 Satō, Yōhei  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00344127
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
液体と固体とから成る界面の極近傍に存在する、分子やイオンの挙動は、熱を伴う流れと、界面、双方からの影響を受ける。現在まで、蛍光プローブ等を介さず、非侵襲にて計測する方法がなかったが、本研究では、分子やイオンからの、微弱なラマン散乱光を撮像し、開発した解析法を用いて、界面極近傍における、分子やイオンのダイナミクスを、把握することが可能となった。特に、ラマン不活性な金属イオンに関しては、間接的に、水分子からのラマン散乱光を解析することにより、金属イオンのダイナミクスを把握することに成功した。
Motion of molecules and ions in the vicinity of the interface between liquid and solid is always affected by both thermofluid dynamics and the interface. There have not existed the effective intrusive measurement techniques without fluorescence probes. In the present study, it is possible to investigate dynamics of molecules and ions in the vicinity of the interface based on the new analytical methods using the captured weak Raman scattering light from molecules and ions. Especially the dynamics of metal ions in solution were investigated using the analytical results based on Raman scattering light from water molecules, because the metal ions are Raman inactive.
 
目次

 
キーワード
熱流動界面  

水分子のダイナミクス  

イオンのダイナミクス  

エバネッセント波  

ラマン散乱光イメージング  

CARS  

非共鳴バックグラウンドノイズ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (A) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15H02223
研究分野 : 熱工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:10  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (487) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (424)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (400)
5位 M&Aにおける... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 新参ファンと古参... (313) 1st
2位 日本における美容... (313)
3位 興味が引き起こさ... (259)
4位 新自由主義に抗す... (253)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (229)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース