慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN10079809-20130331-0045  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN10079809-20130331-0045.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :May 22, 2013
Downloads : 7697

Total downloads since May 22, 2013 : 7697
 
Release Date
 
Title
Title シンチレーションカウンターを用いたαとβ線の同時強度測定実験  
Kana シンチレーション カウンター オ モチイタ α ト βセン ノ ドウジ キョウド ソクテイ ジッケン  
Romanization Shinchireshon kaunta o mochiita α to βsen no doji kyodo sokutei jikken  
Other Title
Title An experiment on simultaneous measurement of α- and β-rays by using scintillation counter  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 大場, 茂  
Kana オオバ, シゲル  
Romanization Oba, Shigeru  
Affiliation 慶應義塾大学自然科学研究教育センター  
Affiliation (Translated) Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University  
Role  
Link  

Name 向井, 知大  
Kana ムカイ, トモヒロ  
Romanization Mukai, Tomohiro  
Affiliation 慶應義塾大学自然科学研究教育センター  
Affiliation (Translated) Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University  
Role  
Link  
Edition
 
Place
横浜  
Publisher
Name 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
Romanization Keio gijuku daigaku Hiyoshi kiyo kanko iinkai  
Date
Issued (from:yyyy) 2013  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
Name (Translated) The Hiyoshi review of the natural science  
Volume  
Issue 53  
Year 2013  
Month 3  
Start page 45  
End page 59  
ISSN
09117237  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
慶應義塾大学日吉キャンパスにおける文系学生を対象とした化学実験のテーマの1つとして, 自然放射線と放射能鉱物に関する実験を2011年度から行っている。この実験では, ガイガーカウンターを使って, KCIなどのサンプルから検出される放射線は, α, β, γ線のうちどれが主であるかを,遮へい材による減衰の程度から判別している。この方法は簡便ではあるが間接的であるため, α線の強度が弱いにしても本当に検出できているのかわからない。そこで, αとβ線を同時にしかも区別して検出できるシンチレーションサーベイメータ(以降, サーベイメータと呼ぶ)を導入し, それぞれに対する遮へい材の効果を調べた。放射能鉱物が近くにあると, サーベイメータの検出窓をアルミ板で遮へいしても, βの計測数が見掛け上かなり増えることが確認された。これはプラスチックシンチレータで, β線だけでなくγ線も検出されるためである。
 
Table of contents

 
Keyword
 
NDC
 
Note
研究ノート
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Departmental Bulletin Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
May 22, 2013 09:00:00  
Creation date
May 22, 2013 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / The Hiyoshi Review / The Hiyoshi review of natural science / 53 (2013)
 
Related to