慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10079809-20021115-0039  
プレビュー
画像  
キャプション  
本文
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル トウダイグサ有毒ジテルペン、ユーホルニンの合成研究  
カナ トウダイグサ ユウドク ジテルペン ユーホルニン ノ ゴウセイ ケンキュウ  
ローマ字 Todaigusa yudoku jiterupen yuhorunin no gosei kenkyu  
別タイトル
名前 Synthetic study on euphornin, a toxic diterpene from "Euphorbia helioscopia" L.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小瀬村, 誠治  
カナ コセムラ, セイジ  
ローマ字 Kosemura, Seiji  
所属 慶応義塾大学法学部日吉化学教室  
所属(翻訳) Department of Chemistry,Hiyoshi Campus Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 栗原, 伸和  
カナ クリハラ, シンワ  
ローマ字 Kurihara, Shinwa  
所属 慶応義塾大学理工学部化学科  
所属(翻訳) Department of Chemistry, Faculty of Science and Technology, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 山村, 庄亮  
カナ ヤマムラ, ショウスケ  
ローマ字 Yamamura, Shosuke  
所属 慶応義塾大学理工学部化学科  
所属(翻訳) Department of Chemistry,Faculty of Science and Technology, Keio University,  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2002  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
翻訳  
 
32  
2002  
11  
開始ページ 39  
終了ページ 54  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
603202  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Euphornin, isolated from Euphorbia helioscopia L.(Toudai Gusa in Japanese), isatoxic diterpene having antitumor activity. Euphornin is a highly oxygenatedditerpene containing two double bond included in a 12-membered ring. Oxidativecleavage of both double bonds afforded two segments, the C1-C5・C12-Cl5 segmentand the C6-C11 segment, which would be key intermediates for total synthesis ofeuphornin. The C1-C5・C12-C15 segment is a five membered ring compound includ-ing four asymmetric carbons on the ring and two on the side chain. And the C1-C5・C12-C15 segment equivalent to these of the nature diterpene has been synthes-ized from commercially available L-malic acid in our synthetic studies. In thepresent paper, the degradation reaction of euphornin has been carried out to affordthe C1-C5・C12-C15 segment which is expected to be coupled with the C6-C11segment giving rise to euphornin.
 
目次

 
キーワード
euphornin  

Euphorbia helioscopia L.  

antitumor activity  

degradation reaction  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
none  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 14, 2007 09:27:43  
作成日
Sep 25, 2022 01:22:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 14, 2007    フリーキーワード, プレビュー, 本文, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 32 (2002)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (375) 1st
2位 DAOの法的地位と... (287)
3位 個人・組織両面で... (287)
4位 新自由主義に抗す... (285)
5位 「余白的コミュニ... (260)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 気象変化による片... (585) 1st
2位 人と違っててもい... (413)
3位 江藤名保子君学位... (284)
4位 インフルエンサー... (279)
5位 家族主義と個人主... (268)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース