慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20210331-0043  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10030060-20210331-0043.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :May 28, 2021
Downloads : 47

Total downloads since May 28, 2021 : 47
 
タイトル
タイトル Less than human : visions of future evolution in science fiction, 1985–2015  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Subodhana, Wijeyeratne  
カナ スボー, ウィジェヤラットナー  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku Hiyoshi kiyō kankō iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳 The Keio University Hiyoshi review of English studies  
74  
2021  
3  
 
開始ページ 43  
終了ページ 82  
ISSN
09117180  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
As a genre preoccupied with the possible, science fiction has long engaged with the consequences and impact of evolution. Yet whilst phrases such as ‘the next phase of human evolution’ abound in a great many works, ‘evolution’ is often in fact, code for degeneration and devolution. This tendency is particularly pronounced at the end of the 20th and early 21st centuries, when millennial tensions and increasing concerns about the nature of the human gave rise to a series of works which utilize evolution as a mechanism through which to examine a dystopian future for the species. For some writers and film-makers, the very mechanism of selection which made us human became the vehicle of the eventual reversion of our descendants to a state of lessthan-humanness — a return to the human as beast. This paper will explore this trend by examining four works between the period 1985 and 2015 (Kurt Vonnegut’s 1985 Galápagos, Dougal Dixon’s 1990 Man after Man, Stephen Baxter’s 2002 Evolution, and the 2006 Mike Judge’s movie  Idiocracy), each of which posit bleak futures for a species fated to return to the very state of nature it takes pride in setting itself apart from.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
May 28, 2021 12:48:39  
作成日
May 28, 2021 12:48:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 28, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 74 (2021)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 組織市民行動が成... (3149) 1st
2位 もしも世界がみん... (1078)
3位 人びとはどのよう... (393)
4位 ドイツのSNS対策... (357)
5位 伊藤隆太君学位請... (336)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 組織市民行動が成... (3144) 1st
2位 アセトアニリドの... (1129)
3位 アルコール発酵の... (502)
4位 ゴンクール兄弟『... (390)
5位 中和滴定と酸塩基... (377)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース